編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

大手テクノロジー企業が、スマートホーム向けソリューションの戦略的なプロトコルとしてBluetooth meshを採用

Bluetooth SIG, Inc.

From: DreamNews

2019-01-09 12:00

~Alibaba、Xiaomiをはじめとする業界のリーダー企業が、新たに設立されたスマートホーム市場でメッシュネットワークを推進するサブグループ「Bluetooth SIG Smart Home Subgroup」に参画~

Bluetooth Special Interest Group(本部:米国ワシントン州カークランド、以下 Bluetooth SIG)は、スマートホーム向けソリューションとして「Bluetooth(R) meshネットワーク」の採用拡大に応えるため、「スマートホームサブグループ」を設立したことを米国時間2019年1月8日に発表しました。今回の発表は、マーケットをリードする多くの企業がスマートホーム向けソリューションの戦略的な通信プロトコルとして、Bluetooth meshネットワークの採用を決定していることを受けて行っています。

新設されたスマートホームサブグループは、スマートホームおよび関連アプリケーション向けにBluetooth meshモデル仕様を追加策定することを目的に設立されました。meshモデルは、Bluetooth meshネットワークのアプリケーション層を構成するもので、Bluetooth meshネットワークに接続されたデバイスの挙動を定義します。例として、meshモデルはBluetooth meshのスイッチがどのようにBluetooth meshの照明を制御するか定義します。サブグループにより策定されるmeshモデルは、他のBluetooth技術仕様と同様にメンバー企業全社に公開され、Bluetooth meshのネットワーク仕様と一緒に採用することで、スマートホームでベンダー間の相互運用性を確保できます。

Bluetooth SIGスマートホームサブグループの委員長を務めるAlibabaのシニア標準化エキスパート、Dapeng Liu氏は次のように述べています。「Bluetooth meshモデルは、スマートホームのデバイス接続性と相互運用性の強化において、極めて重要な役割を担います。スマートホームサブグループは、meshモデルのソリューションの標準化に取り組む場を提供してくれるものであり、Alibabaは他のメンバー企業と共同でmeshモデルを開発できることを嬉しく思います」。

新設されたスマートホームサブグループには、Alibaba、GCT Semiconductor、Lierda、MediaTek、Midea Group IoT Company、Nordic Semiconductor、Novel Bits、S-Labs、Telink Semiconductor、Synopsys、UL Verification Services、Xiaomi等、60以上のメンバー企業が参加します。

Alibaba Groupバイスプレジデント兼Tmall Genieゼネラルマネージャーを務めるMiffy Chen氏は次のように述べています。「スマートホーム向けIoTソリューションを開発するには、Bluetooth meshの無線規格で実現されるような高信頼性、高性能、拡張的な接続性が必要です。これに加え、Bluetoothは世界中で信頼され広く使用されているため、当社のスマートホーム戦略においてBluetooth meshは他にはない利点があります」。

Xiaomi IoT Platformゼネラルマネージャー、Dian Fan氏は次のように述べています。「スマートホーム市場が成長していくためには、市場が求める信頼性、セキュリティ、パフォーマンスを実現できる、真にグローバルな無線メッシュネットワーク規格が必要です。私たちはBluetooth meshがそのような規格であり、今後のホームオートメーションにおいて飛躍的な成長とイノベーションを可能にしてくれると確信しています」。

Midea Group IoT Companyの副ゼネラルマネージャー、Zhiguo Bi氏は次のように述べています。
「Bluetooth meshは、スマートホームやスマートビルディングに最も適したIoTプロトコルの一つです。しなやかな拡張性と低レイテンシーのスマートデバイスネットワークを柔軟に展開できるため、日常生活にスマートで充実した機能をもたらし、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。Midea GroupはBluetooth meshベースのスマートホーム向けトータルソリューションを強力に推進しています」。

MediaTek社、インテリジェント コネクティビティ事業部にてゼネラルマネージャーを務めるAlan Hsu氏は次のように述べています。「Bluetooth meshはそれまでスタンダードであった1対1の通信から、多対多間のデバイス通信という革新的な変化をもたらした技術です。スマート照明、スマートホーム、スマートビルディングからスマートシティに至るまで、Bluetooth meshの可能性は無限です。音声アシスタント機器とAIoTの興隆によって、急速に拡大する高度な接続性と真にインテリジェントなスマートホームエクスペリエンスへの要望に応えるため、私たちはBluetooth meshへの投資を継続していきます」。

2017年7月にリリースされたBluetooth mesh < (リンク ») > は、制御、監視、オートメーション等のシステムで使用される大規模デバイスネットワークを実現するために開発されました。Bluetooth meshは当初から、工業、商業分野で求められる厳しい信頼性・セキュリティ・パフォーマンス要件を満たすことを念頭に開発されています。リリース以来、先進シリコンベンダー、スタックベンダー、コンポーネントベンダー、最終製品ベンダーの105を超えるBluetooth meshネットワーク対応製品が認証されました。Bluetooth meshの認証を受けた製品の一覧はこちら < (リンク ») > からご覧いただけます。

Bluetooth SIGのエグゼクティブディレクター、Mark Powellは次のように述べています。「Bluetooth meshネットワークのリリースとスマートホームサブグループの新設は、スマートホーム市場の発展において重要な節目となるものです。Bluetoothは10年以上にわたり、コネクテッドホームのグローバル無線規格であり、家電やエンターテインメントシステムから各種ツール、おもちゃ、さらには歯ブラシまでを接続してきましたが、メッシュネットワークへの対応で、ホームオートメーション市場の普及にも貢献できるようになりました」。

Bluetooth meshの詳細については、bluetooth.com/meshまたはBluetooth mesh media kit < (リンク ») > をご参照ください。

Bluetooth(R)無線技術について
毎年40億近くの製品が出荷されるBluetooth(R)技術は、シンプルでセキュアな無線接続のグローバル規格です。1998年の設立以来、BluetoothのコミュニティはBluetoothの機能拡大に取り組み続け、世界中でイノベーションを推し進め、新市場を創り出し、通信の定義を塗り替えてきました。今日Bluetoothは、オーディオストリーミング、データ転送、位置情報サービス、大規模デバイスネットワーク等、様々なソリューション分野で開発者に選ばれる無線技術となっています。詳細については、bluetooth.com を参照ください。

Bluetooth SIGについて
1998年に設立されたBluetooth SIGは、Bluetooth(R)技術を管理する非営利の業界団体です。34,000社を超えるメンバー企業のサポートにより、Bluetooth SIGは、技術を普及させる最新の改良された仕様と、世界規模の製品認証プログラムを通じたグローバルな相互運用性を実現します。また、技術に対する認知、理解を促すことでBluetooth技術の採用数の増加とブランド向上を図ります。詳細については、bluetooth.com を参照ください。

Facebook:  (リンク »)
Twitter: (リンク »)




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]