Ruby on Rails 海外事情コラム > 第39回 私たちがGitLabの構築にRuby on Railsを使う理由

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス) 2019年01月21日

CTC教育サービスはコラム「Ruby on Rails 海外事情コラム > 第39回 私たちがGitLabの構築にRuby on Railsを使う理由」を公開しました。

###

こんにちはー。野田貴子です。 海外のコラムで面白いものがあったので、意訳してお届けします。 ご参考ください。
###
私たちの共同設立者でエンジニアであるDmitriy ZaporozhetsがGitLabの開発を決断したとき、当時の彼は主にPHPを使っていたにもかかわらず、Ruby on Railsを使用することに決めました。GitLabのインスピレーションの元になったGitHubもRailsをベースにしており、このフレームワークへの関心を考慮すると合理的な選択でした。GitLabのCEOであるSid Sijbrandijもこれは良い選択だったと考えて、次のように述べています。
「Ruby on Railsのエコシステムは多くの機能を高品質で実現できるため、実にうまく機能しています。GitLabには膨大な機能があります。ソフトウェア開発は非常に複雑ですので、そのために多くの機能が必要であり、Ruby on Railsはその手段になります。この手段にはもうすでに多くのベストプラクティスがあるため、GitLabのようなものを出荷するときにコードを一貫性を保つことにつながります。何が正しい方法なのかをフレームワークに教えてもらうことができると言えます。」

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]