株式会社プラチナエッグ、株式会社ChainBowとパートナーシップ提携を発表

株式会社プラチナエッグ 2019年01月24日

From DreamNews

株式会社プラチナエッグ(本社:東京都文京区、代表取締役:竹村也哉)は、株式会社ChainBow (本社:東京都台東区 創業者:Long LI)と、DApps ゲームの開発およびマーケティングについてパートナーシップを結ぶことについて、2019年1月24日、合意いたしました。










株式会社プラチナエッグの CryptoDerby ( (リンク ») ) はDApps2.0を目指し、グラフィック、トランザクション速度、ユーザー体験などについて今までのDAppsとは一線を画するブロックチェーン競走馬トレーディングゲームとして開発が進められており、2019年1月内の正式リリース版の公開を予定しております。


・株式会社ChainBowについて
ChainBow.ioは、「Smart Contract for Everyone」を掲げ、仮想通貨ウォレットと分散型アプリケーションの融合、仮想通貨ウォレットとスマートコントラクト技術をベースにした、安全で使いやすい次世代の暗号通貨スマートウォレットソリューションです。

ChainBowは各種トランザクション情報の表示など、既存のウォレットには無い先進的機能がついており、 ウォレットのみならず、DAPPSやオークションなど、ブロックチェーンアプリケーションを中華圏に対して行っており、今後クリプトダービーの販売に関して様々な施策を行っていく予定です。

具体的なパートナーシップの詳細については随時発表して参ります。


・CryptoDerbyについて
CryptoDerbyは「競馬ワールドのすべてをあなたの手に」をコンセプトに作っている、日本発の次世代ブロックチェーンゲームです。

ブロックチェーンを使うことにより、競走馬のパラメータだけではなく、競馬場やレース、その他の資産も扱うことを可能にした全く新しいタイプのゲームです。
各種ブロックチェーンゲームのビジネスは活性化しており、その中でのトップランカーとなるべく開発を進めています。

Crypto Derbyの特徴
既存のブロックチェーンゲームの問題点である

●ユーザーが少ない
●ウォレットアプリが必要
●お金稼ぎが単純
●動作が遅い
●世界的な法律が異なる
●グラフィックスのクオリティが低い
●ゲームがそもそもつまらない
これらをすべて解決するために

●ユーザー数を広くとったプロダクト
●ウォレットアプリ不要
●稼ぐ仕組みの多様化
●早いリアクション, UX
●国ごとの法規制対応
●3D HiGH QUALITY GRAPHICS
●面白いゲーム!

を目指して開発を続けております。
各種講演会、イベントでも好評を博しており、2018/10月末に プリセールを公開、2018/12月にベータ版公開。そして、2019年1月内に、正式リリースバージョンの公開を予定しております。

twitter, line@などでの情報も適宜公開中です。




関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]