編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

山東省の棗荘は美しい田園地方の開発を順調に進める

The Publicity Department of the CPC Zaozhuang Municipal Committee

From: 共同通信PRワイヤー

2019-01-25 15:02

山東省の棗荘は美しい田園地方の開発を順調に進める

AsiaNet 77191 (0133)

【棗荘(中国)2019年1月24日新華社=共同通信JBN】中国共産党(CPC)棗荘市委員会宣伝部(The Publicity Department of the CPC Zaozhuang Municipal Committee)は2018年12月11日、「第19回CPC全国代表大会の決定を実施し、地方再生戦略を推進」するため、中央メディアを通じて棗荘宣伝キャンペーンを主催した。人民日報、新華社、中国新聞社、光明日報を含む10以上の中央メディアの記者がインタビューを行い、地方再生戦略での取り組みが優れている人々の仕事を宣伝するため、滕州市および山亭、エキ城、台児荘の各区を訪れた。これらの人々は、組織、産業、人材、エコロジー、文化の各分野で多大な成果を上げてきた。このキャンペーンは、改革・開放の過程にある棗荘の新たな業績と見所を広く宣伝することを狙いとしている。

2018年初めに、棗荘は市全域(274の村を含む)で田園地方の美化プロジェクトを開始し、単一のユニットとしてのタウンシップとともにクラスター化開発を実行するために美しい田園地方実証村に選ばれた68の省および市の農村に対し、1プラス2の建設モデル(すなわち、1つの美しい田園地方実証村が2つの美しい村を推進する)を実施した。棗荘は、滕州の魅力的な荊河流域、薛城の蟠龍川、山亭の岩馬貯水池、台児荘の観光路、新しい棗荘市を囲む緑の環状道路、エキ城のザクロ園の6つの美しい田園地方実証区の開発に重点を置いている。同市では省の美化対象率が倍増し、最終的には2018年末までに8.4%に達するとみられていた。

ソース:The Publicity Department of the CPC Zaozhuang Municipal Committee

画像添付リンク:
(リンク »)
(2018年12月12日、フルタオ村(山亭区徐庄鎮)の農民芸術家がヒョウタンの絵付け技術を見学者に披露した)

(リンク »)
(2018年12月13日、棗荘のエキ城区のミニチュア・ザクロ園で造園家が広々としたザクロのミニチュア景観を独創的に剪定(せんてい)した。エキ城は中国のザクロ産地として有名で、年間1億キロ以上の新鮮なザクロを生産している)

(リンク »)
(2018年12月13日、陰平鎮のShandong Brush Pen Museumにある筆工場の労働者がさまざまなサイズやスタイルの多くの筆を制作した。ここで生産される筆の約90%は日本や東南アジアに輸出される)

(リンク »)
(12月13日、ヒ庄鎮のカングランミアオ村に地元村民が開業した民宿に人々が訪れた)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]