「インターナショナル・ライト・アート・ディスプレイ」に新インスタレーションが追加展示

Hong Kong Tourism Board 2019年01月25日

From JCN Newswire


HONG KONG, Jan 25, 2019 - ( Media OutReach ) - 香港政府観光局(HKTB)が主催し、ツーリズムコミッションが共催する「インターナショナル・ライト・アート・ディスプレイ」に、新しいライト・アート・インスタレーションが追加展示されます。新しい作品はいずれも「愛とロマンス」をテーマとしており、すでに展示中のライト・アート・インスタレーションとともに、2019年2月24日まで展示されます。これらのライト・アート・インスタレーションにより、セントラル・ハーバーフロントは、カップルに最適なロマンティックなバックグラウンドとなり、バレンタインデーや「香港のバレンタインデー」ともいわれる元宵節期間中にはソーシャルメディアで人気のおさえるべきホットスポットとなること間違いありません。

インターナショナル・ライト・アート・ディスプレイでは、国内外のアーティストによるライト・アート・インスタレーション15作品が展示されます。そのうち7作品はインタラクティブな作品を含む愛とロマンスをテーマにした新しい創作作品です。新しい作品のうち3点が海外アーティストによるもので、色彩豊かな巨大なLEDの花が訪れる人々を迎える「Bunch of Tulips」(ハンガリー)や、より多くの人々が魔法の円に足を踏み入れるほど、より多くの鳥の彫刻が照らし出される「Birds Fly Around With You」(日本)などが含まれます。さらに、現地アーティストによる作品4作品も展示され、教会の窓の色鮮やかなステンドグラスから、ハート型の幾何学的な模様が地面に映し出される「Geometry of Love」や、2人が見つめ合うと、60秒間インタラクティブなLED照明が点灯し、音楽が流れる「Hello, Stranger」などがあります。

アドミラルティ(金鐘)にあるタマール公園には、愛とロマンスのテーマと共鳴し、光のトンネルがピンク色に彩られています。50mにおよぶトンネルには、複数のハートの形が表示されています。

新しいインスタレーションに加え、2018年11月のフェスティバル開催当初からの「Angels of Freedom」、「Talking Heads」、「Tapping」など人気のインスタレーション8作品もまだ展示されています。インターナショナル・ライト・アート・ディスプレイは、2018年11月に開幕した最新メガイベント「香港Pulse Light Festival」の主要イベントです。展示は引き続きセントラル・ハーバーフロント・プロムナードで行われ、毎日午後5時から11時まで点灯されます。

詳細はウェブサイトをご参照ください。
(リンク »)

ハイライトビデオ(1分)
(リンク »)

写真およびビデオ:
(リンク »)

報道機関のお問い合わせ先:
virginia.wong@hktb.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]