編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

大阪工業大学生が奈良県川上村のPRに協力 若者の感性を生かしたウェブコンテンツを制作

大阪工業大学

From: Digital PR Platform

2019-01-26 08:05




大阪工業大学(大阪市旭区)情報科学部情報メディア学科の3年生がPBL授業(課題解決型学習)の一環で、奈良県川上村の地域観光資源をPRするウェブコンテンツ計93作品を制作。同村から優秀作品として選出された作品は、同村の公式ホームページで公開され、PRコンテンツとして活用される。




 この取り組みは、映像・音声・音楽・文字などを組み合わせたマルチメディア技術を駆使したコンテンツづくりを通して、学生たちが実践的な技術力を体得することが目的で、今年で7年目を迎えた。奈良県の山間部に位置し、少子高齢化の進む川上村にとっては、若者の感性を村の魅力発信に生かし、地域活性化に役立てる狙いがある。
 1月22日、栗山忠昭村長ほか同村関係者が同大の枚方キャンパスに来学し、優秀作品の表彰式を開催。今回優秀作品に選定された7作品は、2月下旬から同村公式ホームページで公開予定。



【表彰作品(金賞1点、銀賞2点、銅賞4点)】
金賞:プロジェクトK~自然と生きる村~ 宗像 修平さん
銀賞:かわかみ村のグルメ探検記 藤本 怜さん
銀賞:滝の調査に行こう 桝本 智絵さん
銅賞:かわかみむら~ぼくとカエルの時間旅行~ 川端 智哉さん
銅賞:川上村引越し計画 清水 絢介さん
銅賞:川上村探検シリーズ吉野川源流に伝説の幻獣ゴーフを追え!! 永井 太樹さん
銅賞:川上村の神様 松井 祐太朗さん

昨年度の優秀作品は、川上村公式ホームページからご覧ください
  (リンク »)

※大阪工業大学と奈良県川上村は2010年7月に「連携・協力に関する協定」を締結。各学科の専門性と同村の豊かな自然環境、地域資源を生かし、「環境共生」に取り組む人材育成を目指して、さまざまな活動を展開している。


▼本件に関する問い合わせ先
学校法人常翔学園 広報室
松下、上田
住所:大阪府大阪市旭区大宮5-16-1
TEL:06-6167-6208
FAX:06-6954-5108


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]