編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

IOTスマートロックを活用した『Akerun入退室管理システム』をコンパクトホテル”まゆ玉キャビン”に導入

株式会社TBグループ

From: 共同通信PRワイヤー

2019-01-28 17:30

2019年1月28日

株式会社TBグループ

TBグループが業界に先駆け、IOTスマートロックを活用した『Akerun(アケルン)入退室管理システム』を、直営コンパクトホテル“まゆ玉キャビン”に導入し、宿泊者の利用状況をデータベース化!

株式会社TBグループ(本社:東京都文京区、代表取締役社長: 村田三郎、以下:TBグループ)は、TBグループが展開するコンパクトホテル“まゆ玉キャビン 横浜関内”において株式会社フォトシンス(本社:東京都港区、代表取締役社長:河瀬航大、以下:フォトシンス)が提供しているスマートロックを活用した「Akerun入退室管理システム」を導入します。

「Akerun(アケルン)入退室管理システム」は、機器である「Akerun Pro」をドアのサムターン(鍵のつまみ)に固定するだけで、ドアの解錠権限をNFC対応ICカードやスマートホンにより解錠をすることができます。
今回、既存の建物の空きスペースを活用して宿泊環境を実現させる、カプセルベッド「まゆ玉」の製造販売及びホテル事業を展開するTBグループの構想と、既存の扉にスマートロックを後付けすることで簡単にエリアの棲み分け・セキュリティを実現できる「Akerun(アケルン)入退室管理システム」のコンセプトが合致し、業界に先駆けてスマートロックを活用した、「Akerun(アケルン)入退室管理システム」を “まゆ玉キャビン”に導入することといたしました。

“まゆ玉キャビン”では、玄関、男性フロア、女性フロアの入退室をICカードで管理します。今後はここで得られたノウハウを活かし、先の改正旅館業法(2018年6月施行)に対応したTBグループが開発中のセルフチェックインシステムとの連携を図ることで、安全性を兼ね備えた省力化・無人化ソリューションを実現してまいります。またクラウドに蓄積された解錠回数や解錠時刻を基に分析したデータは、効率的なホテル運営や、今後のホテル展開に幅広く活用してまいります。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]