2/23 国谷裕子氏と考える「新しいモノサシSDGsで世界、地域を考えよう」立教大学主催@陸前高田市

学校法人立教学院 2019年01月29日

From 共同通信PRワイヤー

キャスター・国谷裕子氏と考える
2/23 「新しいモノサシSDGsで世界、地域を考えよう」開講 
立教大学主催 岩手県陸前高田市民向け講座

立教大学(東京都豊島区、総長:郭 洋春)は、2月23日(土)、岩手県陸前高田市の市民を対象とした
「2018年度立教たかたコミュニティ大学」の第4回講座において、
キャスターの国谷裕子氏をお招きし、「新しいモノサシSDGsで世界、地域を考えよう」講座を開催します。

【立教たかたコミュニティ大学講座とは】
岩手県陸前高田市の協力のもと開設された、陸前高田グローバルキャンパス(岩手大学・立教大学共同運営交流活動拠点。2017年4月開設。愛称:たかたのゆめキャンパス)で展開される、
立教大学陸前高田サテライト主催の陸前高田市民向けのプログラム。2018年度は、<いきる>をテーマに全4回の講座を開催、今回が年度最終の第4回講座となります。

【開催概要】
 ■第4回講座
名 称:新しいモノサシSDGsで世界、地域を考えよう
主 催:立教大学陸前高田サテライト  共 催:陸前高田グローバルキャンパス 
後 援:岩手県陸前高田市、陸前高田市教育委員会
日 程:2019年2月23日(土)  13:00-14:30
会  場:陸前高田市コミュニティホール
       (岩手県陸前高田市高田町字栃ヶ沢210番地3)
内 容:いま世界は、SDGsという新しいモノサシを手に入れました。
        2015年9月国連全加盟国によって採択された「持続可能な開発目標SDGs」の
        2030年達成を目指し、世界中の政府、自治体、企業、民間団体などが
        様々な活動を行っています。なぜSDGsは生まれ、そしてこの共通目標、
        共通のモノサシを私たちはどう使いこなせばよいのでしょうか。
        地球の、そして地域の持続性確保を目指して、SDGsを考えます。
講 師: 国谷 裕子
        (東京藝術大学理事、慶應義塾大学特任教授、キャスター)
申込み: 2月4日(月)から、陸前高田グローバルキャンパスで入場整理券を配布。
        開館時間等はHP ( (リンク ») )ご参照。



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]