編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

キャンツー専用!俺は濡れても荷物は濡らさない。 大容量には理由がある。全天候型シートバッグ発売。

ビーズ株式会社

From: 共同通信PRワイヤー

2019-01-30 12:30

2019/01/30

ビーズ株式会社

キャンツー専用!俺は濡れても荷物は濡らさない。
大容量には理由がある。全天候型シートバッグ発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)の自転車・バイク用品ブランド「DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)」 (リンク ») は2019年2月1日より、大容量のバイク用防水バッグ「ターポリンツーリングシートバッグ」 (リンク ») を発売します。

 天候次第で急な雨に見舞われることもあるバイク。 ましてや大量のキャンプ道具を積載するキャンプツーリングで、テントや寝袋などが水浸しになっては、せっかくのキャンプも台無しです。 本製品は突然の雨でも荷物を守り、大容量にも関わらず様々な車体形状にフィットして、高い安定性を発揮します。 全てのツアラーの快適なキャンプツーリングをサポートする目的で開発した、全天候型の60リットル防水シートバッグです。


【画像: (リンク ») 】

<キャンプツーリング専用!3つの「理由」>
1.レインカバー不要の防水ファブリック
 素材自体が防水するターポリン生地を採用。 「ウェルダー圧着」によって熱でボディーが溶着されているため、通常の縫製品のようにミシン目から水が入ってくることがありません。 そのため煩わしいレインカバーの着脱も不要です。 雨・泥・雪から内容物を守る、まさにキャンプツーリング向きの全天候型仕様です。


【画像: (リンク ») 】

2.最適な装着位置が選ベる「パッキングベルトシステム」
 ビギナーには難しい大容量バッグの装着。 「パッキングベルトシステム」は3本のデイジーチェーンのループ間隔を独自に設定。 荷崩れや横方向へのズレを大幅に抑え、ビギナーでもベテランでも自分のバイクに合わせた装着位置を選べます。 また、固定用ベルト2セットとリュックショルダー(固定兼用)1セットが付属しているため、固定ベルトを別途購入する必要はありません。


【画像: (リンク ») 】 
【画像: (リンク ») 】

3.封筒型ボディーで長いキャンプ用品もすっぽり
 開口部を左右両側に持つ独特の封筒型ボディー。 通常、シートバッグに入らずに重ね積みされてしまうテントやエアマット、長尺のチェアも収納できます。 また複数のキャンプ用品もひとまとめにできるので、グラつきや荷崩れの危険も減らします。 バイク全体の低重心化にもつながり、安定走行しやすくなります。


【画像: (リンク ») 】 
【画像: (リンク ») 】

<製品スペック詳細> 
【ブランド名】DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)
【商品名】ターポリンツーリングシートバッグ
【型番:カラー】DBT427-BK:ブラック
【サイズ】W68×L(D)117cm(平置き時)
【容量】60L
【重量(付属品含む)】(約)1.3kg
【静止耐荷重】8kg
【材質】ターポリン
【付属品】固定ベルト×2set、メインショルダーベルト×1set
【希望小売価格】オープン価格(税別参考:13,400円)
【製品ページ】 (リンク »)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]