インフォマティカ、AIを活用したカスタマーインサイトのスタートアップ企業AllSightの買収を発表

長期的な顧客ロイヤリティにつながるデータインサイトを提供するためビジネスユーザーのエンゲージメントを強化

インフォマティカ・ジャパン株式会社 2019年03月07日

• カスタマーインサイトソリューション市場のイノベーターであるAllSightは、カスタマーインテリジェンスの改善と管理に特化したAI搭載のソフトウェアにより、カスタマーエクスペリエンスの向上を支援する企業です。
• データガバナンスとデータプライバシーを基盤に構築された新しい「Informatica Customer 360 Insights」は、市場をリードするインフォマティカのマスターデータマネジメント(MDM)ソリューションや「Customer 360」を拡張し、ビジネスユーザーやアナリティクスユーザーがこれまで以上に充実した長期にわたる顧客関係を構築できるよう支援します。
• 今回の買収によりインフォマティカは、顧客エンゲージメント向けデータハブの導入を簡略化するAIを搭載した、ビッグデータソリューションを提供できる、初めてかつ唯一の企業となりました。

インフォマティカ(本社:米国カリフォルニア州レッドウッドシティ)は、トロントのスタートアップ企業でカスタマーインサイト市場のイノベーターであるAllSight Inc.を買収したことを発表しました。これにより、「CLAIRETM(注1)」エンジンを搭載した「Informatica Intelligent Data PlatformTM」を利用するビジネスユーザーのエンゲージメントを強化することで、企業がエンタープライズ全体の顧客データとアナリティクスを最大限に活用し、パーソナライズされたエンゲージメントを推進できるよう優れた機能を提供します。

「AllSight Intelligent 360」は「Informatica Customer 360 Insights」として生まれ変わり、企業はエンタープライズ規模の顧客データとアナリティクスの活用を通じて、これまで以上に充実した長期にわたる顧客関係を構築できるようになりました。

企業は、顧客エンゲージメント向けデータハブを利用することで、マスターデータ、トランザクションデータ、インタラクションデータ、参照データを関連付け、パーソナライズされた行動に関するインサイトを得ることが可能になります。このようなインサイトはオムニチャネルの顧客間インタラクションをリアルタイムでつなぎ、最適なサービスデリバリに向けて企業全体で利用することができます。さらに、プロファイルと関係性の統合を自動化、簡素化し、構造化データソースと非構造化データソースのトランザクションやインタラクション全体にわたるAIの拡張を可能にします。

今回の買収を通じて、インフォマティカはデータハブ戦略を推進し、ユーザーの最も堅牢で信頼性のある単一の顧客マスターデータの実現に取り組んでいきます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

インフォマティカ・ジャパン株式会社の関連情報

インフォマティカ・ジャパン株式会社

インフォマティカ・ジャパン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]