カナダ造幣局が刻印Maple of Leaf地金型コインと「Call of the Wild」純金シリーズ

カナダ造幣局(Royal Canadian Mint) 2019年04月02日

From 共同通信PRワイヤー

カナダ造幣局が刻印Maple of Leaf地金型コインと「Call of the Wild」純金シリーズ

AsiaNet 78117(0544)


【オタワ(カナダ)2019年4月2日PR Newswire=共同通信JBN】カナダ造幣局(Royal Canadian Mint)は、純度、セキュリティー、革新的デザインで抜きんでた地金型コインを求める貴金属投資家向けに、エキサイティングな3つの新しいコインを発行した。これらは、両面刻印のゴールドおよびシルバーのメープルリーフ地金型コインで、現在発売中である。カナダ造幣局の最新の99.999%純金「Call of the Wild」地金型コインはヘラジカ(Moose)の図柄を特徴とし、公式地金販売業者のネットワークで出荷が始まる2019年4月2日から注文可能である。

世界で人気のある金地金型コインの40周年を記念して、カナダ造幣局はその象徴的なGold Maple Leaf(GML)の史上初となる両面刻印バージョンを精巧に鋳造した。これは、特徴となるシュガーメープルリーフの裏面デザインと、コイン表面に登場するエリザベス2世の彫像が凹面レリーフで刻印されている。この魅力的な透視法は、2019年発行のSilver Maple Leaf(SML)地金型コインにもみられる。

GMLとSMLの両方は、精巧に機械加工された多数の放射状直線で構成される仕上がりとなっており、その裏面は発行年を表す数字の「19」を含むメープルリーフの形をした微細彫刻のセキュリティーマークが施されている。これらは造幣局独自の地金型DNA偽造防止技術も特徴としており、SMLはシルバーコイン専用に開発されたMINTSHIELD(TM)表面保護から恩恵を受けている。

2019年発行の「Moose」は、造幣局の99.999%純金地金型コイン「Call of the Wild」シリーズの最新コインである。その額面単位の200ドルは世界の1オンス金地金型コインの中で最高の額の法定通貨である。このコインの裏面は、堂々とした雄のヘラジカを力強く描くカナダのアーティスト、ピエール・ルデュック氏がデザインしたもので、ヘラジカの後方に彫られたラインは、ヘラジカの紛れもない叫び声を象徴している。この金地金型コインは豪華デザインのクレジットカード型パッケージで提供され、これには造幣局の主任試金者がサインした純金証明書が入っている。

この新しいコインの写真およびアニメーションは次のウェブサイトを参照: (リンク »)

地金金貨の世界の主要発行者に共通する流通モデルを踏まえ、造幣局は地金を一般に直接販売しない。関心のあるバイヤーは信頼できる地金ディーラーに連絡し、これらの新しいコインを注文するよう推奨する。

▽カナダ造幣局について
カナダ造幣局は、カナダで流通する貨幣の鋳造、流通に責任を持つ国営企業である。造幣局は世界最大で最も多様な造幣局の1つとして認められており、幅広い特殊な高品質コイン鋳造製品とそれに関連するサービスを国際規模で提供している。造幣局、製品、サービスの詳細はwww.mint.ca を参照。

▽問い合わせ先
Alex Reeves
Senior Manager
Public Affairs, Royal Canadian Mint
+1 (613) 949-5777
reeves@mint.ca

ソース:Royal Canadian Mint

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]