小学生の子どもを持つ保護者1200人に聞いた「子どもの登下校」に関する調査

NTTレゾナント株式会社 2019年04月04日

From 共同通信PRワイヤー

2019年4月4日

NTTレゾナント株式会社

小学生の子どもを持つ保護者1200人に聞いた
「子どもの登下校」に関する調査
登下校について防犯上不安に感じる保護者は55.5%
~不安の理由は「不審者や変質者に遭遇しているかもしれない」が86.8%~

 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若井 昌宏、以下NTTレゾナント)は、小学生の子どもを持つ保護者1200人に対し、「子どもの登下校」に関する調査をしました。

<主な調査トピックス>
・子どもの登下校について、防犯上不安に感じている保護者は55.5%。子どもが低学年であるほど不安に感じている割合が高くなり、小1の保護者の65.8%が不安に感じている。
・不安な理由について、「不審者や変質者に遭遇しているかもしれない」が86.8%で最多となった。
・下校して自宅に到着したタイミングが「把握できる」は27.1%。「把握していないが把握したいと考えている」は60.1%。

1. 子どもの登下校を防犯上不安に感じている保護者は過半数を超える
【画像: (リンク ») 】
 「登下校について、防犯上不安に感じることはありますか」という質問に対して「不安に感じている」と回答した人は55.5%と過半数を超えました。子どもの学年別で見ると、低学年であるほどスコアが高くなり、小1の保護者の65.8%が不安に感じていることがわかりました。また、登下校にかかる時間別で見ると、時間が長いほどスコアが高くなり、登下校に30分以上かかる子どもの保護者は、66.4%が不安に感じています。

2. 不安な理由は「不審者や変質者に遭遇しているかもしれない」が86.8%
【画像: (リンク ») 】
 子どもの登下校について防犯上不安に感じている人に対して、不安な理由を聞いたところ「不審者や変質者に遭遇しているかもしれない」が86.8%で最多となりました。次に「交通事故にあうかもしれないから」が77.3%、「犯罪に巻き込まれるかもしれないから」が63.4%と続きます。

3. 「自宅に到着したタイミングを把握したいができていない」が6割を超える
【画像: (リンク ») 】
 「下校して自宅に到着したタイミングが把握できるようになっていますか」の質問に対して、「把握している」と答えた人は27.1%。一方で「把握したいが、現在はできていない」と答えた人は60.1%。下校して自宅に到着したタイミングを通知される仕組みが求められているようです。

4.子どもの居場所を知りたいと思っている保護者はおよそ8割
【画像: (リンク ») 】
【画像: (リンク ») 】
 「登下校をしているとき、または学習塾や習い事などの行き帰りで、お子様の居場所や状況、帰宅時間などを知りたいと思うことはありますか」という質問に対して、「思う」と回答した人は78.5%とほとんどの保護者が子どもの居場所を知りたいと考えていることが分かりました。子どもの学年別では、小3,4の中学年でややスコアが高く、小5,6の高学年ではややスコアが低くくなっています。高学年になると、ある程度子どものプライバシーなども考慮されているということが考えられます。
 また、「子どもの居場所を知りたくなるシーン」について聞いてみたところ、「友達と遊びに行くとき」が64.9%で最も高い結果となりました。「塾や習い事に行くとき」も50.3%と過半数以上が居場所を知りたいシーンとなっており、登下校以外のシーンでも居場所の把握が必要とされていることがわかりました。

5. まとめ
 今回の調査では、小学生の子どもを持つ保護者のうち過半数以上が防犯上の不安を感じているが、子どもの帰宅するタイミングを把握できている人は3割を下回る結果となっています。ICタグやキッズケータイなど、防犯目的で子どもに持ち歩かせるツールはあるものの、防犯上の不安は未だ解消されていないことがわかりました。
 NTTレゾナントが運営するIoTサービス「goo of things」では、株式会社ミツウロコヴェッセルが提供する安心見守りサービス「ミツ・メル」と連携したアプリ、ホームハブ、タグを提供しています。これにより「goo of things」のアプリで、子どもの登下校や帰宅、外出を知らせる見守りを可能にしました。アプリ内で登下校や帰宅、外出時の通知や、家族間でのチャットを可能にしており、見守りと家族間コミュニケーションを両立したサービスを提供しています。
公式Webサイト  : (リンク »)

6. 調査の詳細について
調査対象:
・首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)に在住
・30~49歳の男女
・小学生の長子がいる
調査方法:インターネットによる選択式アンケート調査
調査期間:2019年3月12日~ 2019年3月13日

ウェイトバックについて:
 本調査では、スクリーニング調査の出現数に人口構成比を加味させたウェイトバック値を算出しています。なお、人口構成比は平成27年国勢調査人口等基本集計(総務省統計局)を引用しています。
実サンプル数とウェイトバック後サンプル数は以下になります。
【画像: (リンク ») 】

※記載されている会社名、サービス名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

以上



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]