文部科学省「WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築推進事業」 全国で10の拠点校に立命館宇治高等学校が採択されました

大学プレスセンター 2019年04月04日

From Digital PR Platform


大学通信から中学・高校のニュースリリースをお送りします。



イノベーティブなグローバル人材の育成を目的に文部科学省が2019年度より開始する「WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築推進事業」の拠点校10校に、立命館宇治高等学校が選ばれました。IB(国際バカロレア・コース)の設置をはじめ、これまでのグローバル人材の育成に向けた取り組みと実績をベースに、さらなる教育の高度化を目指します。






本事業は、「Society5.0の時代に向けて、イノベーティブなグローバル人材を育成するため、文系・理系を問わず各教科等をバランスよく学ぶ教育課程を編成するとともに、高等学校等と国内外の大学、企業や国際機関等が協働して、先進的カリキュラムの研究開発・実践、テーマと関連した高校生国際会議の開催等の、高校生へ高度な学びを提供する体制整備を進める」ことを目指しています。

本校は、平成30年度告示の高等学校学習指導要領「総合的な探究の時間」の研究開発学校(文部科学省指定)として、全国に先駆けてカリキュラム開発を行ってきました。WWLでは、さらにそれを発展させ、主体的に生徒が学ぶことができる文理融合のカリキュラムを開発する予定です。


具体的には、学校設定科目として「SDGs」(持続可能な世界実現を主体的に考えるための科目)を設置するなど、さまざまな新しい挑戦を検討しています。また、立命館大学、立命館アジア太平洋大学ほか、連携する高等学校やグローバル企業、NPOとともにネットワークをつくり、共同で新しいカリキュラムや研修の開発および実施、高校生国際会議の開催なども予定しています。

本校は、今回の採択を励みに、グローバルに活躍する人材の育成に引き続き取り組んでまいります。






参考URL:

■2019年度「WWW(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業」の採択機関について
(リンク »)

■立命館宇治中学校・高等学校ホームページ
(リンク »)

▼本件に関する問い合わせ先
学校法人立命館 広報課
桜井 真純
TEL:075-813-8300
メール:r-koho@st.ritsumei.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]