新元号「令和」- - 神田外語グループ著『全文英訳万葉集』≪THE MAN'YO - SHU≫を世界へ

神田外語大学 2019年04月09日

From Digital PR Platform




神田外語グループ(千代田区内神田/理事長:佐野元泰)は、1991年4月6日に7世紀後半から8世紀後半にかけて編まれた日本に現存する最古の和歌集である『万葉集』の英訳版を発行。これは、神田外語大学(千葉市美浜区/学長:宮内孝久)の創立から教鞭をとった、故須賀照雄教授が「世界平和達成の為には他民族の文化を知り、理解することが重要な要素になる」と説き、「その為にも日本民族が持つ貴重な文化遺産である万葉集を世界の人々に知ってもらいたい」という想いから実現したもの。




 神田外語グループの初代理事長・故佐野公一は、創立当初より「言葉は世界を繋ぐ平和の礎」を同グループの教育理念に掲げた。その教育理念、意志は現在でも同グループの教育理念として、学生たちに引き継がれている。
 同グループの制作した『全文英訳万葉集≪THE MAN'YO - SHU≫』は、4516首、20巻からなる万葉集の内容を全て英訳。東洋詩特有の5-7調のリズムで出来ており、このリズムで歌い上げることで、聞き手にさまざまな情景を思い浮かばせ、感銘を与える。このリズムで英訳されたものは世界で初めて。天皇、貴族から下級官人、防人、大道芸人などさまざまな身分の人々が詠んだ歌を外国人にも分かりやすく理解できる内容になっている。

 この度の新元号「令和」の発表により、『全文英訳万葉集≪THE MAN'YO - SHU≫』の価値は高まりつつある。同グループは日本の新元号の起源が外国人にも伝わる同著書を、今後も世界の人々に向け、発信していく。

梅花の歌三十二首(令和の起源に関する内容)、英訳は以下の通り。

It was in the pleasant month of early spring, when the air was soft and the wind was balmy.
季節は、初春のよい月で、大気もよく風も穏やかになった。

The plum-blossoms were white like the powder in front of a looking-glass, and orchid scattered odour like the fragrance left after an incense-casket.
梅の花は鏡の前(に座る美女たちが化粧に使う)白い粉のように(白く)開き、蘭は(身にまとう)装飾品の香りのように薫っている。

▼本件に関する問い合わせ先
学校法人佐野学園 学園広報部
関根勇人
住所:東京都千代田区内神田2-13-13
TEL:03-3258-5837 (平日 9:00~17:30)
FAX:03-5298-4123
メール:media@kandagaigo.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]