近く開催の2019 Lotus Lantern Festivalで韓国の伝統と興奮を楽しもう

Yeon Deung Hoe Preservation Committee 2019年04月12日

From 共同通信PRワイヤー

近く開催の2019 Lotus Lantern Festivalで韓国の伝統と興奮を楽しもう

AsiaNet 78221 (0589)


【ソウル(韓国)2019年4月12日PR Newswire=共同通信JBN】仏陀の誕生日を祝う毎年恒例のLotus Lantern Festivalである燃灯会(ヨンドゥンフェ)が5月3-5日にソウル繁華街や曹渓寺前の通りで開催される。これに先立ち弥勒寺の石塔の形をしたランタンの点灯式が4月17日午後7時にソウルの光化門で予定されている。

マルチメディアリリース全文は (リンク ») をクリック。

Video- (リンク »)
Photo- (リンク ») (2019年燃灯会の予定)
Photo- (リンク ») (燃灯会に参加を)
Photo- (リンク ») (燃灯会ランタンパレード)
Photo- (リンク »)
(燃灯会のランタンを体験しよう)

韓国の国家無形文化財No. 122に指定されている燃灯会は約1200年にわたり行われており、その伝統文化はコミュニティー精神を促進しながら世代から世代へと広められてきた。特に、今年のフェスティバルは、世界平和のために祈るとともに、朝鮮半島が慈悲の精神をもって社会のさまざまな対立を克服するよう祈るために開催される。

フェスティバルのハイライトであるランタンパレードは5月4日に開催され、参加者は自分自身、家族、隣人そして社会の幸福のためにランタンに願いのメッセージを添える。何千もの願いが書かれたランタンが平和への夢の波となる。2000人以上の外国人もInternational Dharma Instructorとともにパレードに参加する。

Traditional Lantern Exhibitionsも市民や訪問者から注目される。これは5月3-12日に曹渓寺近くのUjeong Park(ウジョン公園)、奉恩寺、清渓川で開かれる。展示されるランタンは韓国の伝統的な紙の美しさで、寺と清渓川に光を当てる。

今年のCheonggyecheon Lantern Exhibition(清渓川ランタン展)は12周年を迎えた。これは4月27日から5月12日にかけて、人々の平和と統一への願望を組み合わせた「平和の花が朝鮮半島にやってくる」をテーマに開催される。

26カ国の60人の若者で構成する「Global Supporters for the Lantern Festival」はフェスティバルの期間中、ボランティア活動を行う。寺院滞在と伝統文化教育を通して訓練されたこれらのサポーターは、訪問者向け案内と通訳サービスを提供し、点灯式や伝統文化イベントおよびランタン行進の間にタプコル公園でフラッシュモブを行う。

詳細はLLF.or.kr/eng( (リンク ») )を参照。

ソース:Yeon Deung Hoe Preservation Committee

画像リンク:
(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]