KTが世界初の商用5Gネットワークを開始

KT Corp. 2019年04月12日

From 共同通信PRワイヤー

KTが世界初の商用5Gネットワークを開始

AsiaNet 78288 (0625)

【ソウル(韓国)2019年4月12日PR Newswire=共同通信JBN】
*KT Corp.が初の5G向けの無制限データプラン、スピード上限なしを発表
*韓国通信リーダーがほぼ全土にわたる5Gサービスカバレッジを提供
*KTは主要コンテンツ・カテゴリーで8つの「Super Power」5Gサービスを提供

韓国最大の通信会社KT Corporation(KRX: 030200; NYSE: KT)は、世界初の商用第5世代(5G)無線ネットワークを韓国全国で正式に開始し、消費者および企業向けの超高速で極めて信頼性があるコネクティビティーの新時代の幕を開けた。

Photo - (リンク »)
(KTの黄昌圭会長(左から2人目)が同社のNetwork Strategy Unitの幹部とともにソウル繁華街にある新しい5Gインフラストラクチャーを視察。左からセオ・チャンソク執行副社長、オー・スンモク社長、チョイ・ジンホ執行副社長)

KTは4月3日、全国的な無線ネットワーク向けの最初のビジネス・ツー・コンシューマー(B2C)加入者を公開した。消費者は5Gを内蔵する世界初のスマートフォンであるサムスン電子のGalaxy S10 5Gを使用する。KTは2018年12月にビジネス・ツー・ビジネス(B2B)ネットワークサービスを開始した。

韓国の通信リーダーであるKTは、黄昌圭会長が初めてMWC 2017で世界最初かつ最高の商用5Gネットワーク構築の構想を明らかにして以来、5Gイノベーションの先駆者になってきた。KTは5Gネットワークサービス向けの無制限データプランを提供する最初の企業でもあり、人々が5Gの超高速、超低レイテンシー・コネクティビティーを最大限に利用することを可能にした。

黄会長は「KTは昨年2月に開催された平昌冬季五輪で世界初の5G試験サービスに成功したことは言うまでもなく、5G商用化でトップのグローバルリーダーである。われわれは次世代インテリジェントプラットフォームのナンバーワン・オペレーターになり、韓国全土で最初かつ最高の5Gネットワークサービスを提供する」と語った。

韓国ナンバーワンの5GネットワークオペレーターであるKTは5G商用化の世界競争をリードし、中国、日本、ベトナムからスイス、UAE、米国までのライバルをしのいでいる。CCS Insightの最新リポートによると、5G接続は2023年中ごろには10億人に、2025年までには27億人に達し、4Gよりも時間をかけずに、この節目に到達する。

次世代の5Gテクノロジーは現行のLTEないしは4Gネットワークよりも最大20倍速く、極めて低いレイテンシーとより多くのデバイスを一度に接続する能力を提供する。韓国政府は今週、2022年までに全国いたるところで5Gネットワークを完成することを支援し、30兆ウォンを調達して世界最高の5Gエコシステムに投資することを約束した。

▽KTは初めて5G向けの無制限データプラン、スピード上限なしを提供
韓国の大手5GサービスプロバイダーであるKTは、スピード上限なしの無制限データプランを提供する初の企業で、加入者は仮想現実(VR)、拡張現実(AR)、高解像度映画、クラウドベース・ゲームを含む次世代無線サービスを十分に楽しむことができる。

KTの5G Super Plansは3つのパッケージがある。ベーシック(月額8万ウォン)、スペシャル(月額10万ウォン)、プレミアム(月額13万ウォン)で、各パッケージは185カ国で無制限のローミングサービスを提供する。顧客は2年契約ならどのSuper Plansに加入しても25%の割引を受けることができ、ファミリーメンバーとして契約すれば、さらに25%割引される。

ライトデータユーザーは5Gスリムに加入することができる。これは月額5万5000ウォンで8GBデータの後はスピード上限を1Mbpsにする。

加入者が手ごろな料金で無制限5Gデータにアクセスできるようにすることは、超高速かつ超低レイテンシー接続の今日の新時代では不可欠である。初の無制限データプランに向けたKTの5G料金体系は、韓国をはじめとする世界の5G業界エコシステムの基盤を築くことに寄与する。

▽韓国の通信リーダーはほぼ全国的な5Gサービスカバレッジを提供
KTは2018年11月に韓国で商用5Gネットワークの第1段階を展開した。全国サービスはまず、ソウル、その周辺の大都市圏、その他6つの都市、85の主要都市の大半、70の大規模ショッピングモール・ディスカウントストア、464の大学キャンパスを含む韓国の最も人口過密地域をカバーする。

Korea Telecomとしてこれまで知られていた5G韓国のモバイルリーダーは単独で商用5Gネットワークを構築し、2つの主要高速道路、6カ所の空港、高速鉄道の地上セクションを含む韓国の主要輸送ルートをカバーしてきた。同社は地下鉄や、公官庁、大学病院など主要地点に拡大することを計画している。

KTは最新の5Gカバレッジ情報を一般に提供する最初の地元キャリアである。同社は同社のウェブサイトにビジュアル化した地図( (リンク ») )を掲載し、韓国での5Gサービスエリアを示し、都市と地域を定期的に更新している。

5Gの超低レイテンシーを十分にサポートするため、KTは韓国最南端の領土、済州島の1カ所を含む8つの主要都市で、モバイルエッジコンピューティング(MEC)通信センターも運営している。最大数のMECセンターを使用して、同社は最寄りのハンドセットのデータをプロセスし、より信頼できるシームレスな送信を実現している。

低レイテンシーは5Gユーザーがクラウドベース・ストリーミングゲーム、AR/VRなどのイマーシブなメディアをはじめ、自動運転などその他の主要サービスを楽しむためには不可欠である。

▽KTは主要コンテンツ・カテゴリーで8つの「Super Power」5Gサービスを提供
韓国の消費者はテクノロジーの最新物好きとして知られている。KT加入者は5Gスマートフォンによって、世界で最初に次世代無線ネットワークの神髄を楽しむことができる。

全面的な5G商用化に向け、KTはキラーコンテンツ、すなわち通信、ゲーム、メディアの3カテゴリーで8つの「super power」サービスに重点を置く計画である。8つのサービスは、narle、Real 360、eSports Live、Streaming Games、Real Genie Pack、GiGA Live TV、Pro Baseball Live、Musician Liveである。

narleはビデオ通話アプリで、3DおよびARテクノロジーを使用して1度に8人が通話できる。Real 360は1人のブロードキャスターと最大4人のユーザーが360度の超高解像度(UHD)ライブストリーミングでコミュニケーションを図ることができる。eSports Liveは、それぞれのユーザーがStarCraft、Battlegrounds、その他のビデオゲームなど5つのスクリーンを同時に見ることを可能にする世界初で唯一の専用アプリである。

KTの5G顧客はLuv Revolution、RAGNAROK Click H5などストリーミングモバイルゲームも楽しむことができる。音楽ファンのためにKTはReal Genie Pack によってFLAC 24ビットを使用するハイレゾ品質のストリーミングを提供する世界初のキャリアである。

また、専用VRヘッドセットとコンテンツを同梱するGiGa Live TVは、スマートフォンユーザーとVRデバイス間でプレーする最初のオンラインゲームSpecial Force VRなど、5Gシリーズ向けの新しいアプリでアップグレードされた。さらにKTはPro Baseball LiveとMusic Liveを初めて登場させ、5Gモバイルユーザーが希望する視点から試合を観戦し、ライブミュージックを聞くことを可能にした。

KTのMarketing Group責任者であるリー・ピルジェ氏は「KTは誰もが5Gの新しい世界を心配なく思う存分楽しむことを望んでいる。われわれはこの取り組みを継続し世界のパートナーと協力して世界最高のネットワークおよびサービスによって5Gイノベーションをリードしていく」と語った。

KTは韓国初のアミューズメントパークの1つであるソウルランドと提携して、首都郊外に世界初の5Gテーマパークを開設する計画でもある。同社はすでに仮想現実テーマパークVRIGHTをソウルにオープンしている。

▽KTの「5G First(5Gファースト)」ネットワーク戦略はレイテンシーとスピードに重点を置く
KTは「5G First」戦略を発表し、レイテンシーに重点を置いた最高のネットワーク提供に注力した。この新しい戦略は5Gネットワークを優先することによって、5Gの超低レイテンシーを最大限に活用し、スマートフォンのバッテリーを約25%節約することに役立つ。

5G Firstを採用するKTおよびサムスン電子は3月26日ソウル繁華街で、KTの商用5Gネットワークの3.5GHz周波数を使いGalaxy S10 5Gスマートフォンによって1Gbpsのスピード達成に成功した。この画期的な出来事は、5Gに専念してきたKTとサムスンの長期提携のおかげである。KTとサムスンは2018年2月、世界初の5G試験サービスを導入し、平昌冬季五輪で紹介した。

KTはエリクソンとも協力し、韓国で商用5Gサービスの全国展開を実現している。エリクソンは、同社の完結5Gプラットフォームの3GPP規格ベース5G New Radio(NR)ハードウエアおよびソフトウエアを提供し、KTの3.5 GHz Non-Standalone(NAA)ネットワークをカバーしている。

▽報道関係問い合わせ先
外国メディアチーム
kt.fmrt@gmail.com

▽KT CORP. (KRX: 030200; NYSE: KT)について
1981年に通信業務法の下で創設された韓国最大の通信サービスプロバイダーKT Corporationは、世界で最もコネクテッドな国でイノベーション時代をリードしている。同社は高速有線/無線ネットワークと最新のICTテクノロジーによって第4次産業革命をリードしている。KTは2018年2月の平昌冬季五輪で世界初の5G試験サービスで成功したのを受け、2019年4月3日、世界初の全国商用5Gネットワークを開始した。これは、ナンバーワンのICT企業および人々のための企業になることを目指して必要不可欠な製品およびサービスを提供するというKTの不断の取り組みにおける新たなマイルストーンである。

詳細は英語ウェブサイト (リンク ») を参照。

ソース:KT Corp.

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]