アイモバイル、「i-mobile Affiliate」において アプリCPI型広告の不正対策防止機能「i-mobile Ad Fraud Detection」の提供を開始

~全方位で不正対策を実現~

株式会社アイモバイル 2019年04月16日

株式会社アイモバイル(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:野口哲也、東証一部上場:証券コード6535、以下アイモバイル)はこの度、成果報酬型アフィリエイトサービス「i-mobile Affiliate」において、CPI・CPA型広告(※1)のアプリ向けアドフラウド(広告詐欺)対策機能として、「i-mobile Ad Fraud Detection」(アイモバイルアドフラウドディテクション)の提供を開始致しました。

アドフラウド(広告詐欺)とは、インターネット広告配信において人間がアクセスしたように見せかけて広告を表示させ、広告費を詐取する不正行為のことです。その手口は年々高度化、巧妙化しており日本の広告市場でも大きな社会問題になっています。


この度、「i-mobile Affiliate」が提供を開始したCPI・CPA型広告(※1)のアプリ向け不正防止機能「i-mobile Ad Fraud Detection」では、当社独自のアドフラウド検知機能に加え、株式会社Phybbitの提供するアドフラウド対策ツール「SpiderAF」、大手広告配信事業者の加盟メンバー間でアドフラウド・ブランド毀損メディア情報をシェアする「SHARED BLACKLIST」と連携しアドフラウドの検知を行っております。「i-mobile Affiliate」でアプリのCPI・CPA型広告(※1)をご出稿頂く広告主様は無料でご利用頂くことができます。

「i-mobile Ad Fraud Detection」では、広告主様よりご出稿頂いた広告のクリック時の情報から、アドフラウドと思わしきクリックを検知しブロックを行います。これにより、意図しないユーザーのアプリへの流入を未然に防ぐことが可能となります。また、広告クリック時の情報に加えアプリインストール時の成果情報を分析することで、インストール成果を偽装するようなアドフラウドの検知、インストール成果の除外も行います。
更に、「SHARED BLACKLIST」より提供される広告配信事業者間で収集したアドフラウド・ブランド毀損メディアのブラックリスト情報をもとに、不正メディアの事前ブロックとパトロールを実施します。これにより、不正なクリック・成果を未然に防ぐことができ、アドフラウド発生による不要な広告費の発生を防ぐことができます。

「i-mobile Affiliate」でアプリ広告をご出稿頂く広告主様は、「i-mobile Ad Fraud Detection」によって広告配信前、広告配信中の各段階でのアドフラウド対策をとることができ、高い広告配信効果とブランド保護が可能となります。今後もアイモバイルは、「i-mobile Ad Fraud Detection」をより堅牢なものにすべく、サービス・品質向上の拡充を図り、これまで以上に広告の健全化に取り組んでまいります。

※1:CPI・CPA型広告について
「CPI」とは、Cost Per Installの略で、広告媒体を通じてApp StoreやGoogle Play ストアからアプリをインストールしたときのコストを表す指標です。CPI型広告とはユーザーがアプリをインストールおよび起動することで広告費が発生する成果報酬型広告のことを指します。
「CPA」とはCost Per Actionの略で、広告媒体を通じてユーザーが起こしたアクション(会員登録や課金など)をしたときのコストを表す指標です。CPA型広告とはユーザーが成果とするアクション(会員登録や課金など)を起こすことで広告費が発生する成果報酬型広告のことを指します。

■「i-mobile Affiliate」について < (リンク ») >
「i-mobile Affiliate」は、Web サイト運営者が広告主の商品やサービスを自身のサイト上で紹介し、その商品が購入された場合やサービスへの申込みがあった場合に、その成果に応じて広告費が発生するアフィリエイトサービスです。自社開発の強みを活かして培った顧客基盤やメディア運用を特徴にコスメ、健康食品、不動産など様々な広告主様にご利用いただいております。

■「SpiderAF」「SHARED BLACKLIST」について
株式会社Phybbitの提供するアドフラウド対策ツール「SpiderAF」は、機械学習による検知エンジンで不正なアクセスをはじき出し、ログだけでは洗い出せない巧妙化されたアドフラウドを検知が可能となるツールです。
「SHARED BLACKLIST」は、国内の過半数以上の広告配信事業者が加盟する、アドフラウドのブラックリスト共有サービスです。収集していた情報を加盟事業者間で共有することでアドフラウドの未然の防止、広告業界の健全化を促進する新たな取り組みとなります。
「SpiderAF」 (リンク »)
「SHARED BLACKLIST」 (リンク »)

【アイモバイルについて】
アイモバイルはインターネットを通じて、高度で安心し喜んでもらえるサービスの創造、提供を行い、モバイル広告に改革を起こしたいという想いを胸に2007年に創業いたしました。現在では、インターネット広告事業を軸とし、国内最大級の規模を誇るアドネットワーク「i-mobile Ad Network」を提供しております。また、当社は、これまで培われた顧客基盤と自社開発による迅速かつ幅広い事業展開を強みとしており、アフィリエイト事業、動画広告事業及びDSP事業等の多種多様な広告配信サービスの展開や、ふるさと納税を支援するサイト「ふるなび」の運営を行っております。

【株式会社アイモバイル 会社概要】
社名 : 株式会社アイモバイル
所在地: 東京都渋谷区桜丘町22-14 N.E.S.ビル N棟
代表者: 代表取締役社長 野口 哲也
設立 : 2007年8月17日
URL  : (リンク »)

【本リリースに関するお問合せ】
株式会社アイモバイル
担当: 須藤
TEL : 03-5459-5357
Mail: info@i-mobile.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]