IQVIA ジャパン 平成年間トップライン市場データ

IQVIAジャパングループ 2019年04月16日

From 共同通信PRワイヤー

2019年4月16日

IQVIAジャパン グループ

『IQVIA ジャパン 平成年間トップライン市場データ』
平成年間(1989 年-2018 年)で国内の医療用医薬品市場は187.1%成長し、金額ベースで4 兆8,114 億48 百万円拡大

2019年4月16日、IQVIAジャパングループ(本社:東京都港区、会長:湊方彦)は、平成年間にあたる1989年から2018年暦年の日本医療用医薬品市場(薬価ベース)を、「IQVIAジャパン 平成年間トップライン市場データ」として発表しました。なお、本レポートでは、日本医療用医薬品市場の市場合計と、市場影響要因として主要16薬効を取り上げています。

IQVIAジャパングループは、日本のヘルスケア産業の発展と透明性の創造、および社会の皆様に日本のヘルスケア市場についての理解を深めていただくため、市場規模や薬効、製薬企業および医薬品の売上、処方、疾病に関するトップラインデータをメディアや医療・医学の研究に携わっている学術研究機関に提供しています。トップラインデータを開示することで、弊社は皆様と情報の共有化を図り、日本のヘルスケアの発展に貢献したいと考えています。

【平成年間(1989年-2018年)】日本医療用医薬品市場の主なトピックは以下の通りです。

全医薬品市場 (プレスリリース原文PDF別添図表1参照)

●2018年の国内医療用医薬品市場(10兆3,374億71百万円)は、平成元年の1989年(5兆5,260億23百万円)と比較すると4兆8,114億48百万円増で187.1%拡大した。
●平成年間の日本医薬品市場は1992年に6兆円台に乗り、その後2003年、2007年、2011年、2015年と4年毎に1兆円ずつ桁が拡大してきた。
●平成年間で対前年比最高は1989年の10.0%で、金額ベースで5,023億66百万円増だった。
●平成年間で対前年比最低は1998年(全市場6兆799億94百万円)の-7.0%で、金額ベースで4,568億2百万円減だった。
●対前年比マイナス成長は1996年から1998年までの3年連続が最長だった。
●対前年比プラス成長は2008年から2016年まで9年間連続と最長だったが、2017年から2年連続で前年を下回っている。

主要16薬効*別市場 (プレスリリース原文PDF別添図表2参照*)

●全医薬品市場に占める主要16薬効の比率は、1989年が44.9%、2018年が49.8%だった。*
●全医薬品市場に占める主要16薬効の比率が最も大きかったのは、2016年で51.7%だった。*
●全医薬品市場に占める主要16薬効の比率が最も小さかったのは、1994年で38.7%だった。*
●主要薬効の中で対前年比の最高値は、2015年のJ05 全身性抗ウイルス剤で125.3%増(2,764億51百万円増)だった。
●主要薬効の中で対前年比の最低値は、2017年のJ05 全身性抗ウイルス剤で44.2%減(2,689億80百万円減)だった。

主要16薬効別ランキング (プレスリリース原文PDF別添図表4、5参照)
平成年間10年ごとの合計値で比較 - 前期(1989年-1998年)・中期(1999年-2008年)・後期(2009年-2018年)

●「A10 糖尿病治療剤」は、売上額ランキングで16薬効中前期9位、中期8位から、後期は3位になり、成長額ランキングでは、前期4位、中・後期と続けて3位になった。
●「C09 レニン-アンジオテンシン系作用薬」は、売上額ランキングで16薬効中前期8位、中期3位、後期は2位になり、成長額ランキングでは前期5位、中期にトップになり、後期は15位になった。
●「C08 カルシウム拮抗剤」は、売上額ランキングで16薬効中前期4位、中期5位から、後期は12位になり、成長額ランキングでは前期2位、中期8位から、後期は16位になった。
●「J01 全身性抗菌剤」は、売上額ランキングで16薬効中前期・中期のトップで後期は7位だったが、成長額ランキングでは前期・中期ともに16位で、後期は14位だった。
●「L01 抗腫瘍剤」は、売上額ランキングで16薬効中前期3位、中期6位、後期にトップとなり、成長額ランキングでは、前期3位・中期2位・後期トップになった。
●「L04 免疫抑制剤」は、売上額ランキングで16薬効中前期15位、中期14位、後期は8位となり、成長額ランキングでは、前期9位、中期7位から後期は2位になった。

* IQVIAジャパン 「日本医薬品市場統計」における「薬効」はATC分類に準拠しています。
本項の 「ATC分類(Anatomical Therapeutic Chemical Classification)は、EphMRA(European Pharmaceutical Market Research Association : 欧州医薬品市場調査協会)により管理されている、アナトミカル薬効分類(作用部位別薬効分類)に準じており、日本医薬品市場統計作成にあたっては、定期的に最新最適な状態に見直しを図っています。

*ATC分類の見直しによって、薬剤の属性変更や新たなATCの設置など年次で変わることがあります。分析対象の「C10 脂質調整剤及び動脈硬化用剤」「L04 免疫抑制剤」は、それぞれ1997年、1994年から新たにATC分類が新設されました。

*本レポートでは、市場影響因子として以下16薬効を「主要薬効」としてハイライトしました。
(プレスリリース原文PDFにも掲載)
【画像: (リンク ») 】 

IQVIA について
IQVIA (NYSE:IQV)は、先進的かつ高度な分析力と機能、革新的テクノロジー、および臨床試験サービスをライフサイエンス業界の皆さまへ提供する世界的なリーディング企業です。IMS HealthとQuintilesの統合により誕生したIQVIA は、ヒューマン・データ・サイエンス(分析の精緻さとデータサイエンスの明晰さを、拡大し続けるヒューマンサイエンスの領域に対し活用すること)を用いることにより、ヘルスケア企業の皆さまが臨床開発とコマーシャル領域におけるこれまで無いアプローチを、新たなイマジネーションの下で発展させ、イノベーションを速め、ヘルスケア・アウトカムの改善をより一層加速させることを支援します。私たちの原動力である「IQVIA CORE™」によって、IQVIAは実務実行力を伴いながら、大規模な分析、革新的なテクノロジー、そしてスペシャリストによる幅広い専門知識、これらが交差する地点に、実用的且つ唯一無二のインサイトを提供しています。私たちIQVIAは、現在5万8,000人が、世界100以上の国と地域で活動しています。
IQVIA は、患者の皆さまの個人情報保護の分野においても、世界をリードしています。医療関係者の皆さまが、疾患のパターンを特定し、より良いアウトカムの実現のために必要である明確な治療方針や治療法の関連づけに資する規模での情報を収集・分析すると同時に、様々なプライバシー保護のための技術や安全対策に取り組んでおります。IQVIAが持つインサイトや実務の実行力は、治療・治癒の実現に向かい尽力するバイオテクノロジー企業、医療機器メーカー、製薬企業、医学研究機関、政府機関、保険者やその他様々な医療関係者の皆さまによる疾患そのものや人間の行動、サイエンスの進歩に対する更なる理解の深耕を支援します。IQVIAの詳しい情報はこちら(www.IQVIA.com)をご覧ください。日本向けのURLはこちら(www.iqvia.co.jp)
※IMS Health と Quintilesのグローバル統合ブランド“クインタイルズIMS”は、2017年11月6日(米国東部標準時)に“IQVIA”となりました。日本法人では2018年4月1日をもちましてIQVIAジャパングループとなりました。



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]