拠点間VPNとリモートアクセスVPN構築時のトラブルシューティング

SCSK株式会社 ヤマハ / ルーター&スイッチ 2019年04月17日

SCSK ネットワークプロダクト部はシオラボ氏のコラム最新号「拠点間VPNとリモートアクセスVPN構築時のトラブルシューティング」をマイナビで掲載しました。

興味がある方はご覧ください。

###
前回は、VPNのパフォーマンス改善を目的としたルータの処理能力について解説しました。今回からは、VPN構築におけるトラブルシューティングについて、細かく説明していきます。まずは、拠点間VPNとリモートアクセスVPNの双方に共通するトラブルシューティングを取り上げます。

ネットワークではいろいろなトラブルが発生することが多いうえ、原因が複合的であるため、解決に手間取ってしまう場合があります。特にVPNを構築する際は設定の構成要素も多いので、VPNが正常に確立できない場合は原因の切り分けを少しずつ行っていくことが重要です。

以下、障害対応の手順を追って紹介しましょう。

■VPNを設定しないでpingコマンドが通るか確認する

ルータに対して行う設定作業は意外に多いので、一度にすべての設定を行ってしまいたいところです。しかしそうすると、接続できなかった場合に、どこで問題が発生しているのかを切り分けることが難しくなります。そこで、VPNの設定をする前に、まずは正常に通信できることを確認しましょう。この確認のために使用する頻度が多いコマンドはpingです。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]