編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Windows 10 May 2019 UpdateにSePなど弊社主要プロダクトが完全対応!

ハミングヘッズ株式会社

From: PR TIMES

2019-05-31 11:50

一般公開に先行して対応製品をリリース

ハミングヘッズ株式会社(本社:東京都江戸川区)は、主力製品の最新バージョンをリリースしました。リリースの目玉は、Windows 10の最新版「May 2019 Update」対応です。対応製品は、弊社の情報漏洩対策ソフト「Security Platform(SeP)」、サイバー攻撃対策ソフト「Defense Platform(DeP)」、ロボティック・アシスタント「AI Humming Heads(AIHH)」の3製品です。Windows 10の最新バージョンが一般公開された5月22日に先んじて、すでに4月25日よりインサイダープレビュー版に対応しております。



[画像: (リンク ») ]


◆最新のWindows 10も最新のセキュリティで

「Windows 10 May 2019 Update」でも、先回までの大型アップデートと同様、内容が目白押し。中でも、仮想マシンによるアプリの実行テストを行うことができる「Windows Sandbox」や、パスワードを覚える必要のなくなるSMSを経由したサインイン方式の実装などが注目されています。

Windows 10の大型アップデートも7回目を迎えました。NetMarketShareの調査によると、世界におけるOSのシェアは、Windowsが88.2%(2019年4月現在)とMac OSやLinuxを大きくリードしています。中でもWindows 10は、Windowsの報告によると8億台を突破(2019年3月8日現在)。来る2020年1月14日のWindows 7サポート完全終了に向けて、順調な伸びを見せています。弊社製品は最もシェアのあるWindows 10はもちろん、Windows 7以前のOSにも、最新のAI技術により網羅的なセキュリティを提供しています。

最新のWindows 10でも、セキュアな業務・自動化された業務を実現。最新環境での業務も弊社製品にお任せください!

-------------------------------------
本リリースに関するお問い合わせ
ハミングヘッズ株式会社
HP URL : (リンク »)
TEL : 03-6808-1300
E-mail: sales@hummingheads.co.jp
-------------------------------------


※ 本内容は、発表日現在のものです。内容については事前の予告なしに変更することがあります。
※ Windowsは米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標、及び商標です。
※ 記載されている商品名、ブランド名はそれぞれの所有者の登録商標または商標です。
※ セキュリティプラットフォームの著作権その他一切の知的財産権はハミングヘッズ株式会社に帰属します。
※ ディフェンスプラットフォームの著作権その他一切の知的財産権はハミングヘッズ株式会社に帰属します。
※ AI Humming Headsの著作権その他一切の知的財産権はハミングヘッズ株式会社に帰属します。
※ ハミングヘッズ、ハミングヘッズセキュリティプラットフォーム、ハミングヘッズディフェンスプラットフォーム、AI Humming Heads、AIHHはハミングヘッズ株式会社の登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ハミングヘッズ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]