Maison Holdingsがブロックチェーンでの統合ピアツーピア・コラボレーションを開始

Maison 2019年07月04日

From 共同通信PRワイヤー

Maison Holdingsがブロックチェーンでの統合ピアツーピア・コラボレーションを開始

AsiaNet 79522 (1234)


【シンガポール2019年7月3日PR Newswire=共同通信JBN】不動産は世界中でチャンスを生み出すホットベッドになっている。不動産は投資の最も安全な形態の1つであり、長期にわたり利益を生み出すものとみなされてきた。投資家や、自宅を所有しようと計画している人にとって、資金調達は夢の不動産を獲得するために克服しなければならない最大の課題の1つである

Photo - (リンク »)
Maison Holdingsがブロックチェーンでの統合ピアツーピア(P2P)コラボレーションを開始

ブロックチェーンテクノロジーの台頭は、不動産業界を含む多くの業界を一変させた。Maison Holdingsはブロックチェーンによって統合したピアツーピア・コラボレーションを提供することによって、不動産投資家、不動産所有者にとって資金調達ソリューションの新領域の道を開いた。同時に、不動産担保に裏打ちされたすべてのトランザクションに関するリアルタイム情報を提供することによって、ブロックチェーンテクノロジーの不変性が貸し手に安心感をもたらす。

Maison Holdingsは、あらゆる人が富を築き、資金調達の自由を達成する平等の権利を有するシェアリングエコノミーを全面的に信頼している。このため、Maison Holdingsの統合P2P資金調達プラットフォームは、すべての市場参加者が安心してビジネスに関与し、プラットフォームエコシステムを開発するマルチパーティーコラボレーションを実現する。このプラットフォームに参加するには、ユーザーは貸し手ないしは借り手として登録する必要がある。すべての登録ユーザーは、厳格な顧客確認(KYC)プロセスを受けなければならない。承認されれば、このプラットフォームが貸し手と借り手のニーズに応じて双方を引き合わせ、双方にとって最高のソリューションを提供する。

▽マレーシア不動産の全く新しいチャンス
Maison Holdingsはマレーシアのトップデベロッパーの1つであるSheng Tai Internationalと提携し、ユーザーにチャンスと、マレーシアの主要な開発都市であるマラッカとクアラルンプールでの厳選された新たな不動産プロジェクトを提供する。このプロジェクトで所有ないしは投資を望むユーザーは、Maison HoldingsのブロックチェーンプラットフォームでP2P資金調達に申し込むことができる。

統合P2P不動産資金調達ブロックチェーンモデルによって、Maison Holdingsは一般人による不動産資金調達ソリューションの利用を拡大し、従来の不動産資金調達とP2P不動産資金調達を組み合わせて不動産ポートフォリオを構築する柔軟性がある多くの融資選択肢を不動産バイヤーに提供する。

ソース:Maison

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]