7月12日(金)、神田外語大学で「千葉県内企業と大学就職担当者交流会」を開催します -- 千葉県内の企業と大学教職員およびキャリアセンター職員との関係構築・接点拡大を目指します

神田外語大学 2019年07月05日

From Digital PR Platform




ちば産学官連携プラットフォームの一員である神田外語大学(千葉市美浜区/学長:宮内孝久)で、7月12日(金)に2019年度「千葉県内企業と大学教職員との交流会」を開催します。これは、千葉市内の大学の就職・インターンシップ担当職員と県内の企業の採用・人材育成担当者らが、学生の地元就職を斡旋する目的で行うものです。大学教職員と企業関係者で交流を図り、インターンシッププログラムの質の向上をテーマにしたグループディスカッションや情報交換会が行われます。当日は、千葉経済大学、帝京平成大学、淑徳大学、神田外語大学の4大学の就職支援部門の職員ならびに、中小企業の経営者、人事関係者などが出席。インターンシップの適切な時期、期間などについての意見交換や実施にあたっての解決すべき課題など、大学、企業の両方の視点から議論がなされます。




 ちば産学官連携プラットフォーム・就職連携事業部会は、千葉市を中心とするちばエリアに所在する大学と地方自治体・産業界との産学官連携の推進を目指す組織となっています。

 今回は「インターンシッププログラムを企業・大学・学生にとってより効果的なプログラムにするためにはどうしたらよいか」をテーマに企業と大学が情報交換を行うことを通して、プログラム作りに生かしていくことを目的にしています。また、各大学・企業の選考状況等の意見交換も行う予定です。※詳細は以下の通り。スケジュールは別添参照。

◆2019年度「千葉県内企業と大学教職員との交流会」
1. 開催日時:2019年7月12日(金)14:00~16:30(受付:13:20~)
2. 開催場所:神田外語大学6号館プレゼンテーションルーム
3. 参加対象者:大学教職員・キャリアセンター職員、成長分野に携わる中小企業の経営者、人事担当者等
4. テーマ:インターンシッププログラムを企業・大学・学生にとってより効果的なプログラムにするためにはどうしたらよいか
5. 交流会の形式:グループディスカッション形式を中心とした意見交換会
6. 問合せ先:
 神田外語大学キャリア教育センター 部長・杉本雅視
 TEL: 043-273-1598
※このたびの交流会では、神田外語大学、千葉経済大学、帝京平成大学、淑徳大学が参加予定。

◆<参考>ちば産学官連携プラットフォーム加盟大学
 植草学園大学、植草学園短期大学、敬愛大学、千葉経済大学、千葉経済短期大学部、千葉明徳短期大学、帝京平成大学、東都大学、放送大学、淑徳大学、神田外語大学


▼本件に関する問い合わせ先
学校法人佐野学園 学園広報部
関根勇人
住所:東京都千代田区内神田2-13-13
TEL:03-3258-5837
FAX:03-5298-4123
メール:media@kandagaigo.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]