長野県立大学が7月20日に2019年度音楽ワークショップの第2回を開催 -- ガラクタでパフォーマンスする打楽器奏者・山口とも氏を招請

長野県立大学 2019年07月10日

From Digital PR Platform




長野県立大学は7月20日(土)、2019年度音楽ワークショップの第2回を開催する。今回は、講師に打楽器奏者の山口とも氏を招請。「ごみじゃない!鳴らせば楽器」をテーマとして、保育現場で活用できる内容を中心に、解説と共に実演する。主に同大健康発達学部こども学科の1・2年生と保育現場で働く保育者を対象とするが、興味があれば他学科の学生も参加可。参加無料、要事前申し込み。




 長野県立大学では6月から11月にかけて、3回にわたり「音楽ワークショップ」を開催している。これは、「作曲家は曲を作り、演奏者はその曲を演奏する」「作曲、演奏には手順があり、音楽を学ぶということはその手順を学ぶことである」という、当たり前と思われていることを離れ、改めて「音楽とは何か」を考えるシリーズ。専門分野の異なる3名の音楽家を招き、活用できる内容や演奏を中心に実践する。

 第2回は、7月20日(土)に打楽器奏者の山口とも氏を講師として開催する。山口氏はフリーのパーカッショニストとして、数々のアーティストのツアーやレコーディング等に参加。「音楽=音を楽しむこと」をモットーに、さまざまな年齢層の人が楽しめることを目指して廃品打楽器を使った独自のパフォーマンスを展開している。今回のワークショップでは「ごみじゃない!鳴らせば楽器」をテーマとしたワークショップを行う。

 なお、第1回は6月15日に音楽家の片岡祐介氏を招いて実施しており、第3回は11月16日(土)にバリトン歌手の加耒徹氏を招請して開講する予定となっている。

◆学長裁量経費事業 音楽ワークショップ(第2回)
【日 時】 7月20日(土) 14:00~16:00(開場 13:30)
【会 場】
 長野県立大学 三輪キャンパス ラーニングホール
 (〒380-8525 長野市三輪8-49-7)
【アクセス】
 長野電鉄「本郷」駅より徒歩10分
  (リンク »)
【講 師】 山口とも氏
【参加料】 無料
【予 約】
 下記アドレスにてメール申し込み込を受け付け
 E-mail: yasuuji.yoko@u-nagano.ac.jp (長野県立大学 安氏洋子)
【申込締切】 7月19日(金)
【対 象】 こども学科1年・2年、保育現場の先生

■山口とも氏 プロフィール
 つのだ☆ひろのアシスタントとして音楽の世界に入る。中山美穂・平井堅・今井美樹・キリンジ・空気公団などのアーティストのツアーやレコーディングに参加。稀有なキャラクターが評価を受け、NHK教育テレビ「ドレミノテレビ」では、「ともとも」の愛称で親しまれた。ガラクタに命を吹き込む打楽器奏者。

▼本件に関する問い合わせ先
長野県立大学(担当:佐野)
TEL:026-217-2241(平日9:00~16:30)
FAX:026-235-0025


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]