編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

日本初!全国規模で実施する子ども向け「デジタルお絵かき×プログラミング講座」に、お絵かきソフトを開発協力

株式会社ワコム

From: PR TIMES

2019-07-30 11:00

小学校の「プログラミング教育」必修化に向け、創造力を伸ばす教育を支援

株式会社ワコム(本社:埼玉県加須市、代表取締役社長兼CEO:井出 信孝)は、全国規模で子ども向けプログラミング教室を展開する株式会社イー・トラックス(本社:京都市中京区、代表取締役:早崎伊知郎)が2019年9月初旬に開始する「デジタルお絵かき×プログラミング講座」で教材として使用されるドローソフト(お絵描きソフト)『マナブラ』の開発協力をしました。未来を担う子どもたちのクリエイティブな能力と自由な発想や想像力を育む教育をサポートします。



[画像: (リンク ») ]


世界で注目の「STEAM教育」を意識した講座づくり
論理的思考力や創造性、問題解決能力等の育成のため、2008年の中学校での「プログラミング教育」必修化に続き、2020年からは小学校でも必修化されます。その背景には、IoT(Internet of Things)、AI(人口知能)などの科学技術の発達やスマホ・タブレットといった端末の進化が挙げられます。社会が急速に変化を遂げる中、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)に、Art(芸術)の要素を新たに追加した「STEAM教育」が、科学技術を理解すると同時に、新しいものを生み出す力を養う教育として世界各国で導入され始めています。日本でもSTEAM教育を取り入れようという動きは広がっており、文部科学省の有識者会議でも「プログラミング教育とは、将来どのような職業に就くとしても、時代を超えて普遍的に求められる力としての『プログラミング的思考』などを育むこと」と述べています。

自由な発想で描いたキャラクターでゲームづくりに挑戦
「デジタルお絵かき×プログラミング講座」では、ワコムが提供したドローソフト(お絵描きソフト)『マナブラ』とペンタブレットを駆使して、子どもたちが自由な発想でパソコン上にオリジナルのイラストやキャラクターなどの「絵」を描きます。

次に、自分で描いたキャラクターなどの画像を、子ども向けのビジュアル型プログラミング言語Scratch(スクラッチ)で組んだプログラムに取り込み、その中で、動かすことにチャレンジしてもらいます。

作画もプログラミング内容も、段階的にレベルを上げていき、最終的にはオリジナルのゲームを仕上げることを目標にしています。子どもの自由な発想で、楽しみながら「デジタルお絵かき×プログラミング講座」の基礎を学ぶことができます。

講座で使用するドローソフトは、子供でも楽しめるように操作を簡単に描きやすさを重視し開発・提供しています。

夏休み期間にペンタブレットを使った『無料の体験会』
2019年9月初旬の「デジタルお絵かき×プログラミング講座」開講に先駆けて、8月初旬より、全国の『まなるご』教室で、「デジタルお絵かき×プログラミング講座体験会」に無料で参加することができます。

「デジタルお絵かき×プログラミング講座」については、まなるご公式サイト( (リンク ») )をご覧下さい。

【ワコムについて】
株式会社ワコム(東証一部:6727)は、1983年の創業以来、日本を含めた全世界150以上の国と地域で製品を販売しています。これまで、よりクリエイティビティに富んだ世界を実現するための製品をお届けする中で、世界中のデザイナーやクリエイターの方々のご愛顧を頂いて成長してきました。 現在、当社のペン&タッチタブレット、液晶ペンタブレット、モバイルクリエイティブタブレット、スタイラス製品、そして各種デジタルインターフェース機器は、デジタルアート、映画、特殊効果、ファッション、商品デザインなどの分野で幅広く利用されています。また、当社は、若手のデザイナーやクリエイター育成をサポートする多くの活動にも参画しています。さらに、当社の培ってきた技術をモバイル端末用途に最適化したWacom(R) feel IT technologiesは、各社が展開するスマートフォン、タブレット端末、電子書籍端末など様々な製品群にコンポーネントとして採用されています。このように、当社が提供する技術は、ビジネスからホームユースまでのさまざまなシーンで、デジタルコンテンツクリエーション、医療・教育・金融などの分野で利用されています。

※ワコム、Wacom、Wacom feel IT technologiesは株式会社ワコムの商標または登録商標です
※その他、本書に記載されている会社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。
※本書に記載されている内容は発表時点のものです。やむをえない事情で当日の内容に変更が生じる場合があります。

<お客様からのお問い合わせ先>
ワコムインフォメーションセンター
電話:0120-056-814 (受付時間: 9:00~12:00 / 13:00~18:00、土日祝日を除く)
Eメール:tablet_info(at)wacom.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ワコムの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]