Digi XBeeが出荷1,500万を突破、IoT開発・製造・配備・管理ツールを追加

組込みコネクティビティ主力製品は、IoTプロジェクトを実現するネットワーキングソリューション構築のためのハードウェアとソフトウェアを提供

ディジ インターナショナル株式会社 2019年07月31日

IoT(Internet of Things)コネクティビティ製品・サービスプロバイダであるディジ インターナショナル株式会社(本社・渋谷区)はこのほど、1500万台を超えるDigi XBeeを出荷し、その節目として、Digi XBeeエコシステム用の新しいソフトウェアと開発ツールを発表しました。本ツールは、ユーザーがインダストリアルIoTソリューションをより容易に開発・製造・配備・管理し、タイム・ツー・マーケットを短縮しつつリスクと開発コストを削減することで、既存のDigi XBee製品ファミリを強化するものです。

Digi XBeeは、ワイヤレスモジュール、ゲートウェイ、アダプタ、ソフトウェア、デバイスマネジメントツールの完全なポートフォリオを備えたIoTイノベーションの基礎であり、エッジインテリジェンスの提供とグローバルな配備を実現するアプリケーションのワイヤレス開発を加速するよう設計されています。Digi XBeeエコシステムは、完全なエンド・ツー・エンドの開発ソリューションを提供し、IoTハードウェアとソフトウェアのリーディングプロバイダとしてのDigiの地位をさらに高めます。

「今回の発表により、開発者はDigi XBeeエコシステム全体で価値が高まったことを知るでしょう。Digi XBeeツールは、初期開発からテスト、製造、大規模な配備、ネットワークマネジメントまで、IoT製品ライフサイクルのあらゆるフェーズをサポートします」と、Digi Internationalのプロダクトマネジメントディレクタ、マーク・テキップは話しています。

【開発】
1. MicroPythonのプログラマビリティ: DigiXBee3ファミリ全製品に、シンプルかつスマートなエッジ機能を実現するMicroPythonのプログラマビリティを搭載しています。これにより開発者は、自社製品にエッジインテリジェンスを迅速に追加し、シンプルなアプリケーションでホストマイクロコントローラの必要性を軽減・排除できます。

2. Digi XBeeインタフェースボード(XBIB-C):このアップグレードされたフル機能の開発ボードは、迅速な試作や開発に最適であり、オンボードセンサ、電流モニタリングピン、数多くのサードパーティセンサとのインターフェースを可能にするGroveコネクタ、USBダイレクトモード(Digi XBee Cellular)サポートを備えています。

3. Digi XBee GPSドーターボード:すべて揃ったハードウェアおよびソフトウェアのリファレンスデザインのボードで、開発者はDigi XBeeプロジェクトに素早くGPSテクノロジを追加し、評価できます。

4. PyCharm IDE用Digi XBeeプラグイン:本ソフトウェアプラグインは、プロフェッショナル向けの主要な統合開発環境(IDE)を備え、XBeeでのMicroPython開発を合理化します。簡素化されたプログラミングワークフロー、コード補完、Digi XBee API、ライブラリとコード例の統合サポートが含まれています。

【製造】

5. Digi XBee Multi Programmer:自動バッチのプログラマーおよび、高速スループットを実現する使いやすいソフトウェアで構築されたコンフィグレーションツールで、ファームウェア、コンフィグレーションパラメータ、MicroPythonコードを備えたDigi XBeeモジュールの高速自動プログラミングを可能にします。同時に最大6つのDigi XBeeモジュールをプログラミングすることができ、エンジニアは追加のMulti Programmerを接続して、一度に12以上のモジュールをプログラムすることができます。

【配備】

6. Digi XBeeネットワークアシスタント:XBeeネットワークのインストール、プロビジョニング、サイトサーベイ、ネットワークマネジメントを簡素化するように設計されたWindowsアプリケーションです。ネットワークアシスタントは、地図またはカスタムの平面図上でデバイスの位置を特定し、デバイス間のリアルタイムのリンク品質を表示するといった、高性能のネットワーク可視化機能を備えています。

7. Digi XBee 3 USBアダプタ:本アダプタは、ラップトップや他のUSB対応デバイスとローカルのXBeeネットワーク間のコネクティビティを実現し、開発、配備、コンフィグレーション、診断を簡素化します。2.4 GHz XBeeネットワーク(Zigbee、802.15.4、DigiMesh)をサポートし、Digi XBeeネットワークアシスタントやDigi XBeeコンフィグレーション、テストユーティリティ(XCTU)、Digi XBeeデバイス用のWindows、OS、Linux互換コンフィグレーションプラットフォームでの使用を対象としています。

8. Digi XBeeモバイルアプリ:iOSとAndroidで利用可能なこのBluetoothベースのユーティリティは、モバイル機器からのDigi XBee 3モジュールのセキュアなワイヤレスコンフィグレーションを可能にします。

【ネットワークマネジメント】

9. Digi Remote Manager:Digi XBee Cellularモデムは、セキュアな資産監視・制御のための包括的なIoTデバイスマネジメントアプリケーションであるDigi Remote Manager(DRM)と統合されました。DRMを使用することで、管理者はリモートデバイスの表示、一括更新の実行、エッジデバイスからのデータアクセス、ネットワークとデバイスの状態に関するリアルタイムのアラート受信を実現します。

Digi XBeeエコシステムの詳細については、 (リンク ») をご参照ください。

このプレスリリースの付帯情報

Digi XBee Tools

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]