クラウド時代のサーバー運用入門 > 第20回 エンジニアと健康を考える - (2) エンジニアの食生活を考える

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス) 2019年08月14日

CTC教育サービスはコラム「クラウド時代のサーバー運用入門 > 第20回 エンジニアと健康を考える - (2) エンジニアの食生活を考える」を公開しました。

###

みなさんこんにちは。よいインフラ運用、できていますか?今回はエンジニアと健康を考えるにあたり、「食生活」という観点から掘り下げてみたいと思います。
食事は誰のため?
まず、大前提として食事には2つの目的があります。それは「生きるため」、そして「楽しむため」です。いわゆる空腹を満たす食事、意識して栄養を摂ろうとする食事は前者、親しい友人などと楽しむ会食は後者にあたるでしょう。
一方で、多忙で一瞬たりとも離席できずに自席で摂る食事は、どういう位置づけでしょう?食事のための移動時間すら勿体無いほど怠惰(けれども食事を楽しみたい)ということであればまだしも、納期に追われて離席すらままならない、勤務地周辺で"人間的な"食事をすることが難しい、ということであれば、これほど不幸なことはありません。
本来、食事は自分のためにあります。忙しいあなたに代わって誰かが食事を代わったところで、あなたのお腹は膨れません。逆に、あなたが食事の時間を犠牲にして得られるベネフィットとは何でしょう?

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]