◆関西大学で「海外留学×SDGsプログラム」がついに始動!◆語学だけではない新たな学びのアプローチ

関西大学 2019年08月23日

From Digital PR Platform




 関西大学では、SDGsの視点を組み込んだ新たな海外体験プログラムをスタートさせます。留学先は多様性を体感するのに最適なカナダおよび香港で、9月上旬から中旬の約10日間にわたって実施します。




【本件のポイント】

・留学初心者層をターゲットにした、課題発見型の短期留学プログラム
・語学だけにとどまらない学びや気付きを得て、自身の生き方や個性を見出すきっかけを提供
・SDGsを通じて視野を大きく広げ、国際人としての一歩を踏み出す


 本プログラムは、英語研修のみならず、現地の企業訪問やフィールドワークを通じて、グローバル人材に必要な国際的視野とグローバルマインドを醸成するプログラムです。主なターゲットは留学初心者層で、現地学生との交流や社会人へのインタビューを通じて、新たな視点で将来の選択肢を広げ、多様性を理解するマインドの醸成を目指します。   

 なお本学では、高い意識を持ち、海外で学びたい強い意思のある学生には、一定の条件下で給付奨学金を支給する制度を設けており、特に同プログラムに参加する1年次生については、全員を支援対象としています。


■ 留学にSDGsの要素を融合。多様性を理解するマインドを醸成
 従来の海外体験プログラムにSDGsの視点を加え、より具体的なコンセプトを打ち出した短期留学プログラムを展開。学生一人ひとりが国際社会の一員としての自覚を持つことで、SDGsが目指す「地球上の誰一人として取り残さない」という目標達成に貢献します。



■ 国際的課題を学び、その解決法を探すマインドを身につけるカナダプログラム
 治安が良く、多民族・多文化が共存するカナダ・バンクーバーの地で、世界中の学生とともに英語漬けの生活を送る短期集中プログラム。現地の民間企業やNPO法人などを訪問し、人種・性別・宗教などを問わない教育や雇用機会の創出、働きがいと経済成長を両立させる方法などを調査。国際的な課題を学び、その解決法を自ら探すマインドを身につけます。
また、ホストファミリーと過ごすことで現地の文化の理解を一層深めます。
【期 間】9月8日 ~ 17日(10日間) 【参加学生数(予定)】22名



■ グローバルビジネスに必要な英語力、コミュニケーション力を高める香港プログラム
 世界一自由と称される経済地域、かつ様々なバックグラウンドが入り乱れる国際金融都市・香港を舞台に繰り広げられる課題発見型の研修プログラム。人材育成ツールとして、パソナエデュケーションの「Pasona Global Edge」を活用し、フィールドワークや現地企業との意見交換、意識調査等の様々な体験セッションを通して、グローバルスキルを磨きます。
【期 間】9月2日 ~ 10日(9日間)  【参加学生数(予定)】5名


▼本件の詳細▼
関西大学プレスリリース
(リンク »)


▼メディア関連の方▼
※取材をご希望の方は、お手数ですが、下記お問合せまでご連絡をお願いいたします。



▼本件に関する問い合わせ先
総合企画室 広報課
寺崎、浦田
住所:大阪府吹田市山手町3-3-35
TEL:06-6368-0201
FAX:06-6368-1266
メール:kouhou@ml.kandai.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]