編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

アンチウイルスソフトが常時稼働している理由

株式会社Doctor Web Pacific

2019-09-18 09:00

最近、Dr.Webの利用者の一人がソーシャルメディアで、アンチウイルスは無用であり、同時に70件ものアンチウイルスでVirusTotal上のファイルをスキャンするか、Dr.Web CureIt!を使用することを選択することをお勧めしました。
###

これを行ったことによるシステムのパフォーマンスには影響しません。 残念ながら、この購読者だけがこのような方法を考えているわけではありません。
悪意のあるプログラムがどのように拡散して動作するのか、また、どのようにそれらを無力化できるのかをほとんどの人が理解していないため、このような見解が存在します。 今回はこれについて調べました。
最近のすべてのアンチウイルスは、常時バックグラウンドで動作し、システム変更の追跡と、新たな脅威に迅速に対応している常駐モジュールを備えています。 たとえば、Dr.Webには、90年代以降ファイルモニターであるSpIDer Guardが装備されています。 それには正当な理由があります。
このような常時制御は、手動で開くすべてのファイルを手動でスキャンする必要があるユーザーを助けるだけでなく、最も新しくリリースされた悪意のあるプログラムの排除を容易にします。 Preventive Protectionは常に稼働しており、アプリケーションの動作を分析し、システムファイルへのアクセスを制御しているため、脅威が発見されたらすぐに対応ができます。

詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]