編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

管理画面付き ビジュアルIVRを9月10日より提供開始

~お客様の自己解決を促進し、人件費コストを削減、オペレータの負荷を軽減し、入電数の削減に役立ちます~

株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー

2019-09-24 09:00

株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー (本社:神奈川県横須賀市、代表取締役:柴山 浩、以下CBA)は、クライアント企業様にて管理画面を編集できる「管理画面付き ビジュアルIVR」を、2019年9月10日から販売開始いたしました。

■管理画面付き ビジュアルIVR開発の背景
CBAはこれまでコールセンターシステムの開発を行ってきました。しかし、お客様から簡単にビジュアルIVRを使い始めたいとのお声をいただいたことから、この度「管理画面付き ビジュアルIVR」を開発いたしました。

■管理画面付き ビジュアルIVRの特長
1. アプリのインストール不要
WebベースのビジュアルIVRのため、全スマートフォンで利用可能です。(SaaSとしてご提供)

2. カスタマイズに優れたビジュアルIVR
クライアント企業様にてメニューの項目の編集・増減・階層・順序を簡単に設定・変更が可能です。VIVRデザインも、複数のデザインテンプレートから切り替え可能です。

3. 機能の充実
コンタクトセンターでの活用を想定したさまざまな機能を搭載しています。オプションにてコールバックリクエスト機能を追加でき、即時コールバックキューに登録される方式、もしくは曜日などを指定してコールバック予約する機能など、お客様のご要望に合わせて機能をご利用いただけます。
※即時コールバック機能はBright Patternとの連携で提供する機能

■サービス概要
スマートフォンの画面上にてカスタマーの相談や問い合わせに対して適切なチャネルへ誘導し、適切な回答を図るためのプラットフォームです。

主な提供方法は、

(1)URLへ誘導
・サイトから→VIVR入口→URLを案内
・IVR(自動応答システム)→VIVR入口→SMSにてURLを案内

(2)VIVRメニュー
電話→VIVRメニュー→管理画面にて設定した条件により分岐

(3)受電
電話→オペレーターにルーティング(オペレーター側には、お客様がVIVRで選んだ項目が表示される)
※ルーティングおよびVIVRで選んだ項目を表示する部分はBright Patternまたは使用するコンタクトセンターシステムとの連動設定が必要

上記の3つに分かれます。
選択型メニューで問題を絞り込み、お客様の自己解決を促進します。人件費コストの削減、オペレータの負荷を軽減し、入電数の削減に役立ちます。

■今後の展開
管理画面付き ビジュアルIVRを導入することにより、企業はお客様への応対自動化や、最適な担当オペレータへの通話誘導、お客様の応対待ち時間短縮などの効果が期待できます。導入及び構築に関して数多くの実績を持つコンサルタントが、御社のソリューションの要件定義をさせて頂きます。

■会社概要
商号   : 株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー
代表者  : 代表取締役 柴山 浩
所在地  : 〒239-0847 神奈川県横須賀市光の丘3番4号 YRPセンター1番館 508号室
設立   : 平成18年5月
事業内容 : コールセンターの開発・構築・運営を中心としたシステムインテグレーション
資本金  : 1000万円
URL : (リンク »)

■本件に関するお問い合わせ先
企業名:株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー
担当者名:大西
TEL:046-821-3362(代)
Email:marketing@cba-japan.com
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]