編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Pythonで行うWebアプリ開発講座 9/30(月)開講【初心者/新入社員研修として1名から参加もOK!】

インターネット・アカデミー

From: PR TIMES

2019-09-26 13:00

日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミー(本社:東京都渋谷区 学校長:大岡和雄)では、2019年9月30日よりPython言語によるWebアプリ開発講座を開講します。

Pythonは、機械学習などの人工知能(AI)分野に限らず、中~大規模のWebアプリケーション開発の現場でも活用が進んでおり、 IT・Web業界の両方において注目度が今最も高いプログラミング言語です。 この講座は、文法が平易で開発がしやすいというPythonの魅力を最大限に活かしたカリキュラム構成のため、 プログラミング初心者の方でも大規模なWebアプリケーション開発が短期間でできるようになります。




[画像: (リンク ») ]

■講座内容例
第1回目: Python言語の基本文法
第2回目: Djangoフレームワーク
第3回目:各種機能の実装1(データベース基礎、ログイン機能)
第4回目:各種機能の実装2(CRUD機能、検索機能、集計機能)
第5回目:実践課題:お問合せフォームと管理画面の開発
第6回目:実践課題:ECサイトの開発
※上記は基本の講座であり、カスタマイズをご希望される場合、カリキュラムを変更することも可能です。

■直近の開講スケジュール
第1回開講日 :09/30(月) 12:10~14:10 ※以後、随時開講
会場 :インターネット・アカデミー 新宿校
(リンク »)

受講料 :¥166,628(税込)
※9月末までの料金です。
※上記は6回分の受講料と、講師と1対1での質問授業・開発アドバイスなどのサービス料も含まれています。
※新入社員研修など企業研修としてご利用の場合、カリキュラムのカスタマイズや実施時期・参加人数に合わせたお見積もりをお出しすることも可能です。詳しくはお問合せください。

お問合せ方法:下記お電話番号までお電話ください。
[法人で受講をご検討のお客様] 03-3341-3781
[個人で受講をご検討のお客様] 0120-746-555

■この講座の魅力
Djangoフレームワークを使った開発現場のノウハウを学ぶ
この講座では、PythonのDjangoフレームワークを使ったWebアプリケーション開発のノウハウを学ぶことができます。 Djangoは、数あるPythonフレームワークの中でも特に人気があり、InstagramやPinterest、日経電子版などの開発にも使われています。 まさしく、Webアプリケーション開発の現場において今プログラマーに求められているスキルと言えます。
インターネット・アカデミーのPython講座では、プログラミング初心者からでも学びやすいよう、 アプリ開発に欠かせない様々な機能(ログイン機能、CRUD機能、検索機能、集計機能など)の実装演習を最初に行います。 その上で、実践的なお問合せシステムやECシステムを構築していくため、応用力を短期間で習得することができます。

■日程の合わないお客様へ IT研修カスタマイズのご案内
インターネット・アカデミーの法人研修では、内容・期間・金額をカスタマイズして御社のニーズに合ったPython研修やIT研修をご提供することができます。ご興味がある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

法人専用の電話番号:03-3341-3781
お問合せ・お見積りの申込ページ: (リンク »)
施設・研修見学の申込ページ: (リンク »)

■人材開発支援助成金のご案内
人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)は、労働者のキャリア形成を効果的に促進することを目的とした厚生労働省の制度です。この助成金を利用することで、研修費用のほか、受講時間に対する賃金の助成を受けられる場合があり、キャンペーンと合わせて更にお得に新入社員研修を実施することができます。

・年度内に最大1,000万円助成可能
・1人当たり最大50万円(大企業は1人当たり最大30万円)経費助成可能
・受講者1人1時間当たり960円(大企業は480円)賃金助成可能

■インターネット・アカデミーについて
インターネット・アカデミーは日本で初めてのWeb専門校として、1995年に開校しました。以来、母体がWeb制作会社であるという強みと、トライアングルビジネスモデルに基づいたグループ企業との連携を活かし、即戦力となる人材の育成に取り組んでいます。また、2000年にWeb技術の標準化を行う世界最高位の団体「W3C(World Wide Web Consortium)」のメンバーとして日本の教育機関で初めて認定を受け、世界的な最先端技術の普及活動にも貢献しています。
現在は、その活動の場を日本のみならず世界的に展開し、アメリカはボストンとニューヨーク、そしてインドのIT都市であるバンガロールに研究開発拠点の「xLab」を設立。人材育成はもちろん、WebアプリケーションやVRコンテンツ、システム開発の受注制作など、ITに関する幅広いサポートビジネスをグローバルに展開することで、各国の企業ニーズやビジネスノウハウを共有し、さらにその情報をもとにカリキュラム開発などの教育事業に活かしています。

■会社概要
学校名:インターネット・アカデミー
学校長:大岡和雄
顧問 :一色正男
神奈川工科大学 創造工学部 教授、W3C/Keio元サイトマネージャ、経産省管轄のJSCA、
スマートハウス研究センター所長、スマートハウス・ビル標準・事業促進等検討会 HEMSタスクフォース座長
所在地:【渋谷本校】東京都渋谷区桜丘20-1 渋谷インフォスタワー5 階
【新宿校】東京都新宿区新宿2-5-15 新宿山興ビル2 階
【米国ニューヨーク支社】568 Broadway, 11th Floor, New York, NY, USA
【米国ボストンラボ】One Broadway, 14th Floor, Cambridge, MA, USA
【インド バンガロール校】No 979, 1st Floor, Keerthi's CLOUD9,1st A Cross, S.T. Bed Layout,
Koramangala 4th Block,Bengaluru 560034
社名: インターネット・ビジネス・ジャパン株式会社
設立: 1995(平成7)年9月12日
資本金: 1億円
従業員数: 80名

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]