編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Office 365の「Microsoft Teams」向けにクラウド型電話ソリューションを提供

株式会社NTTドコモ

From: 共同通信PRワイヤー

2019-10-01 15:30

2019年10月1日

株式会社NTTドコモ

Office 365の「Microsoft Teams」向けに固定電話や会社の内線番号などで発着信ができるクラウド型電話ソリューションを提供
〜在宅勤務やリモートオフィスなど、多様な勤務形態での生産性の向上に貢献〜

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、日本マイクロソフト株式会社のクラウドサービス「Office 365」におけるチームコラボレーションのハブである「Microsoft Teams」に、固定電話や内線電話などの従来の電話システムを接続させるクラウド型電話ソリューションを、2019年10月1日(火)より提供開始いたします。※1

 「Microsoft Teams」は、チャットやビデオ会議、ファイルの共有、ビジネスアプリでの作業などコミュニケーションができるサービスです。今回、ドコモが提供するソリューションは、「Microsoft Teams」のアプリを入れたPCやスマートフォン、タブレットから、固定電話番号※2で発着信ができる音声通話サービス※3を提供するものです。
 さらに、ドコモが提供する全国型モバイル内線サービス「オフィスリンク®」を含む、お客さまが現在ご利用中の従来の電話システムと「Microsoft Teams」の音声通話サービスを接続することで、2つの音声通話環境間での相互通話も可能となります。これにより、自宅や出張先など場所を選ばずPCやスマートフォン、タブレットから会社の電話番号を利用した発着信が可能になるため、在宅勤務やリモートオフィス勤務などの多様な勤務形態の導入、働き方改革を通じた生産性の向上が期待できます。 

【画像: (リンク ») 】

 加えて、本ソリューションによって、各事業所への電話交換機(PBX)の設置が不要になることから、設備面でコストの削減が可能になります。さらに本ソリューションの電話システムを構成する上で重要な仲介装置(SBC)をクラウド上に構築することで、固定資産やメンテナンスコストを最小化できます。

 ドコモでは、急激な電話システムの変更に伴う各種リスクを最小限に抑えるために、従来の電話システムと相互通話可能なクラウド型電話システムの導入をご提案することにより、お客さまの電話環境の段階的なクラウド移行を支援します。
【画像: (リンク ») 】


 ドコモは本ソリューションの提供を通じて、お客さまのご要望・ICT環境に合わせて、さまざまな業種・業態における「働きやすさ」をお客さまと共に追求してまいります。

※1 ドコモではこれまで、「オフィスリンク+(Phone Appli for オフィスリンク)」と日本マイクロソフト社の「Skype for Business Online」のサービスを組み合わせたテレワークソリューションをご提供してまいりました。日本マイクロソフト社のSkype for Business Onlineのサービスが2021年7月31日に終了することを受け、後継サービスである「Microsoft Teams」を利用した 上記のソリューションをご提案いたします。
※2 東京03、大阪06、名古屋052などから始まる固定電話サービスをさします。
※3 Direct Routing機能を利用した電話機能になります。
* 「オフィスリンク」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。
* 「Microsoft」、「Azure」、「Office 365」は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。



別紙
クラウド型電話ソリューションの概要
 
1.概要
 「Microsoft Teams」向けの音声通話サービス(クラウド型PBX)※1と従来の電話システム(PBX、固定電話機、社内PHS、オフィスリンクなど)の統合的な利用により、従来の電話システムを生かしつつ、段階的にクラウド環境に電話システムを移行することが可能となるソリューションです。また、PCやスマートフォン、タブレットから外線発信、内線発信、保留・転送などが可能となり、従来お使いのPBXから「Microsoft Teams」の音声通話サービス(クラウド型PBX)へ移行(リプレイス)することも可能です。
 MicrosoftのクラウドサービスであるMicrosoft Azure上に仲介装置(SBC)※2を設置することにより、お客さま拠点における専用機器の設置・運用を最小限とし、「Microsoft Teams」を中心とした音声通話環境を実現することが可能です。
【画像: (リンク ») 】

2.申込み開始日
 2019年10月1日(火)

3.提供方法 
 「Microsoft Teams」の音声通話サービス(クラウド型PBX)を導入し、仲介装置(SBC)を介して従来の電話システムと接続します。従来の電話システムと「Microsoft Teams」の音声通話サービス(クラウド型PBX)を試験的に並行して利用いただくことで「Microsoft Teams」の有用性、可用性などを比較いただくことが可能です。また、安価な実証環境の構築パッケージも準備いたしました。


<実証環境構築 内容例>
以下における各種ライセンス、構築、保守サポートに関する項目が、提供内容に含まれます。
※実証環境構築費用 ご参考価格:80万円~ (個別見積もり)
【画像: (リンク ») 】
※その他、提供条件についてはドコモの営業担当者へお問い合わせください。

4.提供料金
 個別見積もり

5.お問い合わせ窓口 ドコモ法人営業担当 (お客さま担当営業) 


※1 「Microsoft Teams」向けの音声通話サービス(クラウド型PBX)はオプションサービスです。
※2 仲介装置(SBC)とは、通信プロトコルの一つであるSIPを利用するネットワークを別のネットワークと接続する装置です。
※3 検証向けのOffice 365ライセンス/テナントの提供となります。Office 365 F1/E1/E3からご選択いただけます。既存環境で検証される場合、別途ご相談とさせていただきます。
※4 検証向けのAzure ライセンス/テナントの提供となります。既存環境で検証される場合、別途ご相談とさせていただきます。
※5 マイクロソフト社の認証を取得済みの仲介装置(SBC)ベンダさまのゲートウェイ装置をドコモよりご提供します。(機種限定)



 


  



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]