編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

machineVantageの画期的なAI駆動・市場調査テクノロジーがオグルヴィ賞を受賞

machineVantage

From: 共同通信PRワイヤー

2019-10-02 09:25

machineVantageの画期的なAI駆動・市場調査テクノロジーがオグルヴィ賞を受賞

AsiaNet 80835 (1884)

【バークリー(米カリフォルニア州)2019年10月1日 PR Newswire=共同通信JBN】
*人工知能企業がAdvertising Research Foundationから栄誉を受ける

ビジネス向けの人工知能と機械学習のアプリケーションが専門の企業であるmachineVantageは、Advertising Research Foundation(ARF)からSilver David Ogilvy Award(シルバー・デイヴィッド・オグルヴィ賞)を授与された。ARFの年次表彰大会のHealth & Personal Care(健康・介護)分野で表彰されたものである。

Logo - (リンク »)

machineVantageはマーケティングと製品開発にイノベーションをもたらすため、先端の神経科学の知識を組み合わせた特許取得の人工知能と機械学習のアルゴリズムを使用している。

machineVantageの創立者兼最高経営責任者(CEO)であるA・K・プラディープ博士は「今回の受賞は、企業向けの人工知能が駆動するシステムの、増大しているグローバルなアプリケーションの価値を明確に強調するものである。そうした企業はマーケティングと新製品開発のイノベーションを通し、市場で独自の競争優位性を得ようと試みている。産業全体にわたるこの評価を受けたことは、先端テクノロジーがどのようにして現在のビジネス-今回の例では市場調査-の全ての側面の効率性を変革・向上させているのかを示唆している」と述べた。

プラディープ博士自身はARF最高の個人賞であるGrand Prize – Great Minds賞の元受賞者で、神経科学の知識と方法論をマーケティングと組み合わせた先駆的な取り組みによる受賞だった。同博士は「AI For Marketing And Product Innovation」( (リンク ») )の共同著者で、ベストセラーの「The Buying Brain」( (リンク ») )も執筆した。

machineVantage(www.machinevantage.com )は製品イノベーション、ブランド記号論、独創的インスピレーション、デジタルとリテールのポイント・オブ・セールス・メッセージングを導き出す、特許を取得した人工知能アルゴリズムと機械学習技術を使用する。当社は北米で大手の多国籍クライアントと、欧州、アジア太平洋地域、中南米、中東では個別の市場で業務展開をしている。

ソース:machineVantage

▽問い合わせ先
Tom Robbins
tom@machinevantage.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]