編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ATrackが10月のTU-Automotive JapanでT-Boxを発表へ

ATrack Technology Inc.

From: 共同通信PRワイヤー

2019-10-03 09:54

ATrackが10月のTU-Automotive JapanでT-Boxを発表へ

AsiaNet 80773 (1841)

【台北2019年10月3日PR Newswire=共同通信JBN】
*革新的な車載通信端末は、自動車メーカー向けに特別に設計されたソリューションである

スマートフリートとアセット管理市場におけるワールドクラスのテレマティクステクノロジー企業であるATrack Technology Inc.(TPEX:6465)は、10月15-16日に東京で開催される専門的自動車展示会、TU-Automotive Japan 2019に参加する。同社はそこで、自動車メーカー向けに特別に開発され、新車への搭載用に設計された車載通信端末、Telematics Box(T-Box)を発表する予定。ATrackは、同展示会への参加は同社にとって重要な節目であり、ATrackのBusiness-to-Business-to-Consumer(B2B2C)市場への参入を示すものだとしている。

TU-Automotive Japanは、アジアの自動車とコネクテッドカー業界向けの専門的な展示会で、参加者の30%以上がワールドクラスの自動車メーカーで、約20%が自動車メーカーのティア1サプライヤーである。毎年、同イベントには多くの国際的に有名なメーカーとハイレベルの業界専門家が集まる。フリートとアセット管理用の一連の新しい4G LTE追跡デバイスに加え、ATrackは、北米トップのM2MおよびIoTサービスプロバイダーと共同で、顧客市場をターゲットとする乗用車向けのハイエンドなT-Boxソリューションも展示する。

ATrackによれば、WiFiホットスポット共有機能に加え、ATrack T-Boxは車両のECUに接続して双方向通信を確立することもできる。車の所有者はモバイルAPPを介して、車両の位置追跡、エンジンの始動/停止、ドアのロック/ロック解除、エアコンのオン/オフ、クラクションとライトの制御、盗難防止システムの起動、燃料管理などのカスタマイズされた機能を、離れた場所から簡単にコントロールできる。ATrack T-Boxは、事故発生時に地元当局に自動的にメッセージを送ることもでき、事故関連情報を地元の警察、消防、保健当局に直ちに送ることで、車の所有者が即時支援を求める緊急ボタンを作動させる手助けをする。この機能により、救助までの時間を大幅に短縮し、死傷者を減らすことができる。追加された機能には、車の部品が故障の兆候を示すと、直ちに車両故障の可能性があるとドライバーに警報、警告を送ることができる保守予測システムが含まれており、交通事故や車両故障、さらに費用のかかるレッカー車サービスや走行途中での車両の緊急修理を回避するのに役立つ。自動車メーカーは、ATrack T-Boxを使用して、一連の付加価値の高いアプリケーションとサービスを車の所有者に提供し、ドライバーの順応性と利便性を大幅に向上させることができる。
(www.atrack.com.tw )

ソース:ATrack Technology Inc.


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]