編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

テクニクス ステレオインサイドホン EAH-TZ700 を発売

パナソニック

From: PR TIMES

2019-10-08 14:35



[画像: (リンク ») ]

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、業界で初めて(※1)磁性流体を用いたダイナミック型ドライバーを搭載した、新生テクニクスとして初となるステレオインサイドホン EAH-TZ700 を2019年11月15日より発売します。

近年、ハイレゾ音源の普及に伴い、高音質な音楽コンテンツをインサイドホンやヘッドホンで自宅でも外出先でも楽しみたいというニーズが高まっています。

本製品は、ドライバーの理想的な駆動を実現するパナソニック独自の技術を採用した、新開発の「プレシジョンモーションドライバー」を搭載しました。ボイスコイル部に磁性流体を使用することで振動板の正確なストロークを可能とし超低歪再生を実現したほか、振動板と材質が異なるしなやかなエッジの採用により超低域から100 kHzの超高域までの広帯域再生を実現し、音楽の臨場感や躍動感を再現します。また、安定した装着性を実現するハウジングやフィット感と遮音性を両立するイヤーピースなど、さまざまな独自技術を搭載しています。

パナソニックは本製品により、ダイナミック型ドライバー搭載のインサイドホンが到達した新たな音を通じて、お客様の感性に響く「音の感動」をお届けしていきます。

<特長>
1. 業界初(※1)、磁性流体を用いたダイナミック型ドライバー「プレシジョンモーションドライバー」を搭載
2. 選び抜かれた素材と最適な装着ポジションを実現する3Dハウジング形状/専用イヤーピース
3. 再生機器に応じて使い分けが可能な2種類の着脱式コードを付属

【品名】ステレオインサイドホン
【品番】EAH-TZ700
【色】-K(ブラック)
【メーカー希望小売価格(税抜)】120,000円
【発売日】2019年11月15日
【年産台数】500台

※1 国内のハイレゾ対応のダイナミック型ドライバー搭載のインサイドホンとして。2019年11月15日発売予定。

【お問い合わせ先】
ディーガ・オーディオご相談窓口
フリーダイヤル:0120-878-982(受付9時から18時)

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] テクニクス ステレオインサイドホン EAH-TZ700 を発売(2019年10月08日)
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]