編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

クラウド人事労務システム 「DirectHR」「社労夢」 が 『 人事労務freee 』と連携開始

株式会社エムケイシステム

From: PR TIMES

2019-10-09 12:55

2020年4月以降の大手企業の電子申請義務化に広く対応

株式会社エムケイシステム(本社:大阪府大阪市、代表取締役:三宅登)が提供するクラウド人事労務システム「DirectHR」と社労士業務支援システム「社労夢」は、freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔)の『人事労務freee』と連携を開始いたします。



[画像1: (リンク ») ]



■社会保険・労働保険に関する一部手続き電子申請義務化へ広く対応

2020年4月以降の特定の法人事業所が社会保険・労働保険に関する一部の手続を行う場合の電子申請義務化に広く対応するため、各種社会保険手続の電子申請サービスである「DirectHR」との連携を2019年11月、「社労夢」との連携を2019年12月に開始いたします。


■作業効率化とコスト削減を実現

人事労務freeeにおける従業員情報、給与計算や勤怠情報データを「DirectHR」や「社労夢」へ連携することで一貫した業務フローを提供します。電子申請の内製化ニーズのある事業者は「DirectHR」、社労士事務所は「社労夢」を利用・連携いただくことで、従業員の入社・退職時や毎年の賞与支払い時に必要となる健康保険や雇用保険手続きなどに係る書類作成と申請手続の作業効率改善・コスト削減を実現します。


■人事労務freeeについて

30万事業所が利用する人事労務システムで、従業員マスタ、給与計算や勤怠管理を自動化します。さらに100万事業所が利用する会計freeeを利用している場合、士業連携や会計部門との連携もスムーズに行えます。充実したサポート体制に強みを持ち、使いやすさとバックオフィス業務の効率化に定評があるSaaS型クラウドサービスです。
[画像2: (リンク ») ]




■DirectHRについて



従業員はスマホやパソコンを使って気軽にいつでも会社へ申請が可能となり、人事部・総務部は申請されたデータにより雇用保険・社会保険の書類を簡単に作成~電子申請まで行うことができます。35種類の電子申請に対応します(機能は順次リリース予定)。スモールビジネスから大企業様まで幅広くご利用頂けます。

DirectHRは社会保険労務士業務支援システムである「社労夢シリーズ」のノウハウを企業様向けに展開したサービスです。人事労務freeeと連携することで給与計算まで可能になります。
※DirectHRは当社営業部へお問合せいただくことに加え、顧問先社労士事務所からご購入頂くことも可能です。
[画像3: (リンク ») ]



■社労夢について

社労士業務支援システムであり、社会保険・労務保険の煩雑な申請手続きの効率化を実現するクラウドサービスです。e-GovAPI連携電子申請件数は267万手続き(平成30年度実績)を誇る業界スタンダードシステムで、現在約2,400の社労士事務所と顧問先企業約60万事業所にご利用頂いています。

[画像4: (リンク ») ]


(営業に関するお問合せ)
東日本SR営業部 Tel: 03-5803-3400
西日本SR営業部 Tel: 06-7222-3389
法人営業部 Tel: 03-5803-1611

製品情報URL :
(リンク »)
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]