編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

小学校プログラミング教育 一斉授業のためのデジタル教材「パピィタウン Part 1」の販売開始

タイムソフト合同会社

From: DreamNews

2019-10-10 11:00

プログラミング教育のためのデジタル教材開発を行っているタイムソフト合同会社(所在地:青森県田子町、代表:古田和美)は、2019年10月より「パピィタウン Part1」の販売を開始しました。
2020年度のプログラミング教育全面実施に向けて、全国の学校で子どもたちが楽しくプログラミングを学べるよう、デジタル教材の開発提供に努めてまいります。



【開発の背景】
2020年度から小学校では、新学習指導要領の改訂により「プログラミング教育」が全面実施されることになりました。
当社では総務省の委託事業(2017年度「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」、2018年度「地域ICTクラブ普及推進事業」)を通しての知見をもとに、小学校プログラミング教育用デジタル教材の開発を行ってきました。
特に、小学校プログラミング教育の課題とされている、一斉授業用の教材を提供するために、「教師用PPTプレゼン+児童用Scratch教材のセット」を考案しました。

【パピィタウンの概要】
「パピィタウン Part 1」は、パピィタウンに道路が敷かれ、学校やスーパーマーケットが建設され、次第に発展してしていくストーリーでプログラミングを学習していくSTEAM教育的教材です。小学校の教科と連携してプログラミングが学べ、全校で年間を通してカリキュラムに組み込める内容を包括しているのが特徴です。また、児童がプログラミングに興味をもてるように、キャラクターがキーボードやマウスの操作に反応してイベントが起こるような工夫を取り入れたり、指導者用プレゼンには効果音やアニメーションを効果的に使用して、楽しい授業を実践することができます。
「パピィタウン」は購入された学校で使用するパソコンに台数を問わずインストールしていただけます。
詳細  (リンク »)

【コンテンツの動作環境】
◎パソコン OS Windows7以降、MacOSX
◎プログラミング言語 スクラッチ(Scratch)※マサチューセッツ工科大学

【コンテンツの購入】
販売開始 2019年10月1日
「パピィタウン Part1」(50,000円 税別)
デジタル教材ストアで販売中(URL (リンク ») )

【会社概要】
会社名:タイムソフト合同会社
代表者:代表社員 古田和美
所在地:青森県三戸郡田子町大字田子字田子52
TEL:0179-32-4347
FAX:0179-32-3374
URL: (リンク »)
E-Mail:info@timesoft.jp
事業内容:ソフトウェアの開発、教材の開発販売

■本件に関するお問い合わせ先
会社名:タイムソフト合同会社
担当:古田和美
E-Mail:info@timesoft.jp
TEL:0179-32-4347
FAX:0179-32-3374


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]