編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

エンパイアステートビルが新しい102階展望台を公開

Empire State Realty Trust, Inc.

From: 共同通信PRワイヤー

2019-10-11 13:02

エンパイアステートビルが新しい102階展望台を公開

AsiaNet 80976(1936)


【ニューヨーク2019年10月11日PR Newswire=共同通信JBN】
*床から天井までの窓とガラスのエレベーターが地上1250フィートからニューヨーク市を披露

エンパイアステートビル(Empire State Building、ESB)は11日、完全に改装された展望台体験の第3段階として、新たに改装された102階の展望台を発表した。2019年10月12日に一般公開される102階の目玉は床から天井まであるガラス窓で、ゲストは世界で最も有名なビルの端へ踏み出すことができる。

Photo - (リンク »)

86階で全面ガラスのエレベーターに乗る時、ゲストは最初の大きな喜びの瞬間を体験する。新たに改装されたガラスのシャフトを通って102階までの16階を通過しながら、かつて誰も見たことのないタワーの支柱内部の光景と世界的に有名なタワーの照明を垣間見ることができる。エレベーターが目的階に近づくと、ゲストは展望台に踏み入れる前に息をのむような光景をちらりと覗くことができる。24のクリスタルのように透明な8フィートの高さの窓に囲まれた102階は、密閉され、環境制御された全天候型の展望デッキで、ニューヨーク市の中心部から都市とその向こう側を望む360度の眺望を提供する。

Empire State Realty Trustのアンソニー・E・モーキン会長兼最高経営責任者(CEO)は「102階の展望台はエンパイアステートビルの至宝である。あらゆる妨害や障害となるものを取り除き、ゲストに、ニューヨーク市の中心に位置し比類のない眺望へのアクセスを提供する。展望台エントランスと2階のギャラリーはビジターに人気があり、102階の再開は新たなエンパイアステートビル展望台体験を完成するためのわれわれの前進において重要な瞬間だ」と述べた。

102階の建築は、2019年1月に、この種のものではニューヨークで最も高い位置での最新鋭の吊り下げ「コクーン」(円形足場構造)内で始まった。コクーンにより、世界的に有名な86階の展望台を訪れるゲストに全く影響を与えない作業が実現した。外観だけでなく本来の特徴である歴史的なエレガンスを強調するデザインと建築作業は、以下のクラス最高の専門家チームによって行われた。

* Beneville Studios
* Corgan
* Diversified.
* IDEO
* JLL
* Kubik Maltbie
* オーチス
* Skanska
* Squint/Opera
* Syska Hennessy
* The Lighting Practice
* Thinc
* Thornton Tomassetti

第3段階は、20 West 34th Streetにある展望台エントランスと没入型の2階ギャラリーの成功を収めたオープニングに続くものである。86階の展望台のチケットは38ドルから、102階展望台のチケットは20ドルの追加料金で、www.empirestatebuilding.comでオンライン購入、または現地の2階と86階のキオスクで購入可能。

ソーシャルの #ESBReimagined に注目してほしい。訪問の計画はwww.empirestatebuilding.com を参照。

▽エンパイアステートビル(Empire State Building)について
マンハッタンのミッドタウンにそびえ立つ高さ1454フィート(地上からアンテナまで)のエンパイアステートビルは、Empire State Realty Trust, Inc.が所有する「世界で最も有名なビル」である。エネルギー効率、インフラストラクチャー、公共区域、アメニティーへの新たな投資によって、エンパイアステートビルは世界中のさまざまな業界の一流テナントを引き寄せている。エンパイアステートビルは、Uberが実施した調査では世界で最も人気のある旅行先に、米国建築家協会が行った世論調査では米国の好ましいビルに選ばれた。エンパイアステートビルの詳細は www.empirestatebuilding.com、www.facebook.com/empirestatebuilding、@EmpireStateBldg、www.instagram.com/empirestatebldg、 (リンク ») 、www.youtube.com/esbnyc、または www.pinterest.com/empirestatebldg を参照。

▽Empire State Realty Trustについて
有力な不動産投資信託(REIT)のEmpire State Realty Trust, Inc.(NYSE: ESRT)は、「世界で最も有名なビル」であるエンパイアステートビルを含め、マンハッタンとニューヨーク大都市圏のオフィス、リテール資産を所有、管理、運営、買収、再配置している。ニューヨーク州ニューヨーク市に本社を置く同社のオフィスとリテールポートフォリオは、2019年6月30日現在で賃貸用面積が1010万平方フィートに上り、このうち940万平方フィートは14のオフィス資産(マンハッタンに9、コネティカット州フェアフィールド郡に3、ニューヨーク州ウェストチェスター郡に2)で、約70万平方フィートがリテールポートフォリオである。

ソース:Empire State Realty Trust, Inc.

▽問い合わせ先
Alexandra Chernin
+1 212-736-3100
achernin@empirestaterealtytrust.com

Stacey-Ann Hosang
+1 212-736-3100
shosang@empirestaterealtytrust.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]