編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Marketo、Salesforce、Google Analytics を統合し、顧客獲得プロセス全体を可視化する「マーケティング・ダッシュボード・パック」を10月16日より提供開始

株式会社パワー・インタラクティブ

From: DreamNews

2019-10-16 15:00

デジタルマーケティング支援の株式会社パワー・インタラクティブ(大阪市中央区、代表取締役:岡本充智)は、Marketo、Salesforce、Google Analyticsなどのデータ統合の「しくみ化」とデータ活用の「見える化」をワンストップで提供する「マーケティング・ダッシュボード・パック」を10月16日にリリースしました。

■背景
企業のマーケティングの現場は急速にデジタルシフトが進んでいます。アクセス解析などのデジタルマーケティングデータ以外に、マーケティングオートメーションや、CRMシステム、社内の基幹システムなどと連携させたデータ分析、さらに分析結果からのスピーディーな施策の実施が求められています。多くのマーケティング担当者は、肥大化したデータを効率的に取得・集約して如何に活用するかが重要であることは、頭でわかっていても、なかなか着手できていないのが現状です。

■概要
パワー・インタラクティブの「マーケティング・ダッシュボード・パック」は、分析用データマートとダッシュボードの設計/実装をパックにして提供します。

1.分析用データマートの設計/実装
Marketo、Salesforce、Google Analytics等のデータソースをCData Sync(ETL)で連携し、Google BigQuery(ストレージ)に蓄積します。

2.ダッシュボードの設計/実装
ダッシュボードツール(BIツール)は、Google Data Portal、Tableau Desktop および MotionBoard Cloud の3つのツールに対応。お客様のご要望に合わせて選択できます。

3.マーケティングテンプレート
パワー・インタラクティブで吟味したマーケティングテンプレートをご用意しています。マーケティングファネルの見える化や、コンタクトポイントからゴールまで顧客獲得プロセス全体の効果検証、インサイドセールス専用画面、セミナー管理業務の負荷軽減に特化した画面など、豊富なテンプレートを利用することにより、短期間で運用フェースに乗せることができます。





■期待される3つの効果
データ統合とデータ活用の「しくみ」をワンストップで提供することにより、自社にとって適切なダッシュボードを設計することで、マーケティングに特化した測定環境を整備できます。
予算や規模にあわせて3つの可視化ツールから選択でき、また、豊富なテンプレートを利用することにより、短期間で運用フェースに乗せることができます。
ダッシュボードの活用により、リアルタイムで結果を数字で示し、意思決定の精度を高め、ブレをなくすことで組織をドライブし、より活性化することができます。
さらに高度なマーケティング分析をご希望されるお客様には、ダッシュボードのカスタマイズやダッシュボードを活用したマーケティング施策の立案支援を通じて、お客様のマーケティングROI向上に寄与できるよう引き続き努めて参ります。

マーケティング・ダッシュボード・パックサービスページ
(リンク »)

■CData Japan Software合同会社 代表社員 職務執行者 疋田圭介様からのコメント
デジタルマーケティングにおいて多大な実績を有するパワー・インタラクティブ様のマーケティング・ダッシュボードソリューションにおいて、CData のデータ連携ソリューションを採用いただけることに感謝いたします。本協業により、Marketo、Salesforce、Google Analytics などのデータ利用を容易にし、日本のエンタープライズのデジタルトランスフォーメーションをサポートして参ります。

CData Japan Software合同会社  (リンク »)

株式会社パワー・インタラクティブについて
パワー・インタラクティブは、デジタルテクノロジーを活用した企業のマーケティング変革を支援するコンサルティング会社です。現在、マルケト社が提供するマーケティングオートメーションシステム「Marketo」のシルバーパートナーとして、2019.年9月現在、約120社以上の顧客に「Marketo」の導入・定着を支援するコンサルティングサービスを展開。2017年に「Marketo Best Implementation Partner 2017」と「Partner Leader 2017」)のダブル受賞をしています。
株式会社パワー・インタラクティブ  (リンク »)
マーケティング・ダッシュボード・パック  (リンク »)

【本件お問い合わせ先】―――――――――――――――――――――
株式会社パワー・インタラクティブ
(東京)03-6416-3350  (大阪)06-6282-7596
E-Mail: webmaster@powerweb.co.jp
関連URL: (リンク »)

【株式会社パワー・インタラクティブ】――――――――――――――
会社名 株式会社パワー・インタラクティブ
URL   (リンク »)
パワー・インタラクティブFacebookページ (リンク »)
大阪オフィス 大阪市中央区瓦町4-3-7 VORT御堂筋本町5F
連絡先    Tel.06-6282-7596  Fax.06-6282-7597
東京オフィス 東京都渋谷区恵比寿西2丁目2-6 EBIS-FIVE BLDG 4F
連絡先    Tel.03-6416-3350  Fax.03-6416-3351


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]