編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

青山学院大学理工学部生命科学科・平田普三教授らが、動物が行動を変える分子メカニズムを解明

青山学院大学

From: Digital PR Platform

2019-11-08 14:05




青山学院大学理工学部の平田教授の研究グループは、動物が天候の変化で行動を変えるメカニズムを解明しました。本成果は名古屋大学、国立遺伝学研究所との共同研究によるものです。
動物は環境に応じて行動を変化させます。実際、魚は音に敏感で不意に水音を聞くと逃げますが、雨が降るなどうるさい環境では水音に反応しなくなります。平田教授らはゼブラフィッシュという観賞用熱帯魚に雨の音を聞かせ、行動が変化する過程で脳神経に起こる変化を可視化し、グリシン受容体というタンパク質が神経細胞で集合することを発見しました。本研究は動物の環境適応という基礎的な側面だけでなく、音を使って魚を捕まえる漁業にも活かせる発見です。




 魚に雨の音を聞かせると、魚類の脳にあるマウスナー細胞という、逃避に関係する神経細胞でCaMKII(カムケーツー)という酵素が働き、ゲフィリンというタンパク質にリン酸を結合させることが分かりました。リン酸が結合したゲフィリンはグリシン受容体という神経の情報伝達に関わるタンパク質と強く結合し、情報伝達の場所にグリシン受容体を集合させました。これによりマウスナー細胞ははたらかなくなり、魚は水音を聞いても逃げなくなりました。
 この結果から、魚が雨の音を聞くと神経細胞内でグリシン受容体の集合が起こり、行動が変化することが分かりました。



 川や海で生活する魚は常に上空の鳥に狙われています。鳥は水にダイブして一瞬のうちに魚を捕食しますが、その際、鳥のくちばしが到達する前に魚はバシャという水音を聞くことになります。魚は鳥の襲撃を水音で事前察知するために常々音に敏感になっており、水音を聞くとすぐに逃げるようにしていると考えられます。
 一方、雨が降ると雨粒は水面に無数の水紋を作り、上空の鳥からは魚が見えなくなるので、魚を襲撃しなくなります。そこで魚は雨音を聞くとCaMKIIを働かせてゲフィリンにリン酸を結合させ、グリシン受容体を集合させることにより、水音を聞いてもいちいち逃げないようにしていると考えられます。これは動物が天候の変化に適応して行動を変化させる分子メカニズムといえます。
 沖縄には「あみじけ」という、音を立てて魚を網の方向に追い込んで捕獲する伝統的な追い込み漁があります。あみじけは天候に左右されますが、本研究はその経験則を解明したものでもあります。


 本研究は米国神経科学会誌ジャーナル・オブ・ニューロサイエンス2019年11月6日号に掲載されました。

▼取材に関する問い合わせ先
 青山学院大学 政策・企画部 大学広報課
 TEL: 03-3409-8159
 URL:  (リンク »)

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

青山学院大学の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]