「間違いだらけのJ-SOX法議論」に八田氏が喝--ITコンプライアンス・フォーラム2006

柴田克己(編集部) 2006年07月13日 20時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 去る6月の金融商品取引法(日本版SOX法)成立を契機に、日本企業においてもコンプライアンスならびに内部統制に関する議論が、さらに高まりを見せつつある。7月7日、翔泳社主催、ITコンプライアンス・コミッティの共催によるイベント「ITコンプライアンス・フォーラム2006 〜内部統制と情報セキュリティ〜」が、東京港区の青山ダイヤモンドホールで開催され、多くの来場者を集めた。

眞木正喜氏画像 ITコンプライアンス・コミッティの委員長である日立システムアンドサービス執行役常務企画本部長の眞木正喜氏。

 オープニングにおいて、ITコンプライアンス・コミッティの委員長である日立システムアンドサービス執行役常務企画本部長の眞木正喜氏は、「内部統制において、ITは部分的な構成要素だが、ITガバナンスの実現が、内部報告のための文書化や情報セキュリティのリスクコントロールにかかわるという点で重要なポイントとなる。日本版SOX法や内部統制をめぐる論議を契機に、業務の可視化などによって経営活動、企業活動の向上を図ろうという機運が高まっている。今回のセミナーが、いま一度、法制度の面から企業のあり方やコンプライアンスについて考え、複雑化した情報化社会に対応する新しい価値観を作り上げていく機会になればよいと考えている」と述べた。

中小での対応が遅れる米SOX法の現状

 講演は、「内部統制」および「ITガバナンスと情報セキュリティ」の2つのテーマに分けられ、その「内部統制」トラックでは、青山学院大学大学院、会計プロフェッション研究科教授の八田進二氏によって「SOX法と内部統制〜最新動向と今後の取り組み」と題したセッションが行われた。SOX法を巡る米国の現在の状況と、八田氏が部会長を務める金融庁企業会計審議会、内部統制部会での日本版SOX法に関する取り組みの詳細に関する内容だ。

 八田氏は冒頭、米SOX法について「証券市場の信頼性を確保するとともに、投資家の保護が最も重要な目的となる」と、その趣旨を改めて説明した。内部統制と、それにまつわるコンプライアンスに関しては、とかくその実施と対応のための大規模なコストばかりが取りざたされることが多く、ネガティブな印象を持つ経営者も多い点に触れた上で「企業を苦しめることが本来の目的ではない」ことを改めて指摘した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算