編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

大容量ドライブに備える並列処理型のデータ復旧システム『R.E.C.O.A.I.』が、8.0TB以上のハードディスク(RAID)に対応いたしました

有限会社IUEC

2019-11-14 08:00

2019年 11月 13日

6.0TB以上のドライブで組まれたRAIDのデータ復旧に関するお問い合わせが急増しております。
これに対応するため、大容量ドライブに備える並列処理型のデータ復旧システム『R.E.C.O.A.I.』が、6.0TBはもちろん(2017年7月対応)、2019年11月13日より8.0TB以上のハードディスク(RAID)に対応いたしました。

このようなシステム(AI)が必要となった背景:
6.0TB以上になりますと、国内での作業が費用的に難しく(シングルでも作業時間が100時間を越え、もしRAID構成ならそれ以上です)、
人件費が比較的安い、海外の現地によるデータ復旧作業を業者側より提案される場合が多いとお客様より伺っております。
しかしながら、データ復旧サービスは非暗号のデータを業者に預ける必要性がありますので、機密情報管理の観点から、国内での作業が理想です。
もちろん、個人様でも国内作業を希望される方が多いのは、言うまでもありません。

並列処理型のデータ復旧システム『R.E.C.O.A.I.』について:
詳細については、 (リンク ») をご覧ください。

【本件に関するお問い合わせ先】
有限会社IUEC データソリューションセンター
データ復旧事業部 担当:矢野
TEL :03-3901-8847
FAX :03-3901-8867
E-mail :yano@iuec.co.jp
会社概要: (リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

8.0TB HDD

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]