編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

沖縄限定販売ボンカレー購入金額の一部を首里城に寄付

大塚食品株式会社

From: Digital PR Platform

2020-01-10 14:00


大塚食品株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:牧瀬篤正)は、甚大な火災被害を受けた沖縄県の首里城再建に向けて、2020年1月から12月の1年間、沖縄限定販売ボンカレー購入金額の一部(※1)を「首里城再建支援のための県民募金」へ寄付します。

■ボンカレーとは
1968年(昭和43年)2月12日に世界初の市販用レトルトカレーとして発売されました。発売当初は半透明パウチ入りで賞味期限も短く、阪神地区限定での販売でしたが、1969年5月にアルミ箔を使った現在と同様の包装形態となったことで賞味期限が2年に延び、全国販売ができるようになりました。現在沖縄限定(※2)で販売されているボンカレーは、多くの沖縄県民の方から、長きにわたりご支持いただいております。

※1 1食につき1円の寄付。
※2 沖縄エリアの販売店舗
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]