編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

【サービスリリース】海外の日本人や外国人向けのオンライン医療相談サービス"Doctorfellow"をリリースしました。

株式会社Medifellow

From: PR TIMES

2020-01-15 08:00

海外にいる日本人や外国人向けにオンラインで日本人医師らがセカンドオピニオン、DtoDコンサルテーション、紹介状作成、メンタルヘルスサポートを行います。

株式会社Medifellow(東京都港区赤坂2-10-2 吉川ビル2階 代表取締役CEO丹羽崇)は、2020年1月にオンラインで海外向け医療相談を行う"Doctorfellow"をリリース致しました。URL : (リンク »)



[画像: (リンク ») ]

<背景>
日本人が海外で受傷・発病し現地の病院を受診した時、一番問題になるのは言語と文化の違いです。母国語で説明をされても理解しにくい医学的説明を、異なる文化背景を元に異国語で説明されても、不安は増すばかりで質問もままなりません。説明をする医師としても、異国の患者が本当に納得できているかどうか、帰国させるべきか否かの判断に難渋することが多々あります。弊社は渡航先で発病した海外の日本人個人(永住者、赴任者、留学者、旅行者)や法人企業、日本人患者を受け入れた病院などを対象に、オンラインで日本の専門医が医療情報を提供するシステムを「Doctorfellow」として構築しました。「Doctorfellow」では、セカンドオピニオンサービスやメンタルヘルスケア、DtoDコンサルテーション、受診勧奨(紹介状作成)をオンラインでサービス提供します。また、日本の医療は高いブランド性を持ちます。これを生かして、日本へのメディカルツーリズム志向を持つ外国人(中国人やインド人他アジアASEAN地域、その他世界中)ならびに各国の病院・医師向けにもサービスを提供しています。

<サービス概要>
オンラインで日本人の医師ら医療スタッフがセカンドオピニオン、DtoDコンサルテーション、受診勧奨、メンタルヘルスサポートを海外にいる日本人、外国人向けに提供します。また、これらを個人向け、ならびに、グローバル展開している企業様の健康経営の一助となるように法人向けにサービス提供します。

セカンドオピニオン:弊社からの質問事項を入力、提供書や画像検査のデータをアップロード。内容を確認し、弊社提携病院の医師がセカンドオピニオン対応を致します。

DtoDコンサルテーション:海外にいる日本人、外国人の医師向けにDoctor to Doctorのコンサルテーションサービスを提供します。

受診勧奨(紹介状作成):弊社からの質問事項を入力、確認し、現地での病院受診時に適切な診療科選択や治療の一助となるように情報提供書を作成します。

メンタルヘルスサポート:依頼に基づき、医師、もしくは、臨床心理士がメンタルヘルス相談を行います。

<株式会社Medifellowについて>
URL: (リンク »)
設立日:2019年1月11日
所在地:東京都港区赤坂2-10-2 吉川ビル2階
代表者:代表取締役 丹羽崇
資本金:1,000,000円
事業内容:オンラインセカンドオピニオン、オンライン受診勧奨、オンラインメンタルヘルスケア、産業医サポート、メディカルツーリズム その他、各種コンサルティング等

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]