編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

Blue Prismが新しいSaaSオファリングをリリース

Blue Prism

From: PR TIMES

2020-01-16 10:05

報道関係者各位
2020年1月16日
プレスリリース
Blue Prism 株式会社

Blue Prismが新しいSaaSオファリングをリリース

【2020年1月16日】 ロボティックプロセスオートメーション(RPA)のリーディングカンパニーであるBlue Prism社 (AIM: PRSM、本社:英国ロンドン、CEO:アレスター・バスゲート、日本法人Blue Prism株式会社、本社:東京都港区、社長:長谷 太志)は、 より幅広い選択肢、セキュリティ、スケーラビリティを実現する基盤として、Blue Prismのconnected-PRAのビジョンを具現化したDigital Workforceを搭載した3つの新しいSaaS(Software-as-a-Service)ソリューションを本日発表しました。これらの新しいSaaSソリューションは、Thoughtonomy社(現在のブランド名はBlue Prism Cloud)から取得したIPを活用し、日本のお客様が業界で最も高度なインテリジェント オートメーション機能に容易にアクセスできるようにします。 これらのソリューションにより、Blue Prismは、業界で初めて、オンプレミス、クラウド、ハイブリッド、SaaSのすべてをカバーするエンドツーエンドの自動化ソリューションを提供することになります。

Blue Prism Cloudのテリー・ウォルビーは、次のように述べています。 「当社のSaaSをご利用中のお客様は、人間とデジタルワーカーのコラボレーションを促進することに加え、インテリジェントなデジタルワーカーの管理を簡素化し利用率を高めることができるAIテクノロジーの利点を長い間享受しています。Blue Prismをオンプレミスかクラウドで運用しているかにかかわらず、デジタルトランスフォーメーションを加速できるよう、Blue Prismユーザーのコミュニティー全体にこれらの機能を提供します」

これらの新しいSaaS製品群は、業界で最も包括的な自動化ソリューションのポートフォリオを持つデジタルワーカーをお客様に提供するBlue Prismのconnected-PRAのビジョンの一環になります。この戦略に沿って、これらの最新機能は、Blue Prismの Digital Exchange (DX)から直接、またはパートナーを通じて提供され、投資対効果を最大化しようとしているお客様の主要なニーズに対応しています。具体的な製品は以下になります。


Blue Prism Cloud Hub は、デジタルワーカーの自動化ライフサイクルを管理することができる運用管理コントロールセンターです。このビジネスユーザー向けのインターフェイスにより、運用管理業務を簡素化し、包括的なダッシュボードを提供します。複数の地域にまたがる大規模なエンタープライズのお客様は、インターフェイスをそれぞれのチームの言語にカスタマイズし、運用管理業務を任せることができます。




Blue Prism Cloud Hubのユーザーは、コアプロセスを自動的に構築する強力な自動化プロセスデザインツールであるWireframerにもアクセスできます。これにより、アプリケーション間の連携や例外処理まで適切な制御が行われます。




Blue Prism(R) Cloud Interact は、デジタルワーカーと人間のコラボレーションのためのウェブインターフェイスです。 任意のコンピューターまたはモバイル デバイス上のブラウザーからアクセスするカスタマイズ可能なウェブインターフェイスにより、お客様は、バックオフィス業務だけでなくフロントオフィスの業務まで自動化の適用範囲を広げることができます。手動により開始されるプロセス(Attended RPA)や人が途中で介入する必要があるプロセス(Human-in-the-loop)の自動化に対応できるように設計されています。ユーザーは、シンプルですぐに活用できるテンプレートを活用して、さまざまな自動化用途に対応する柔軟な動的Webフォームを作成できます。




Blue Prism Cloud IADA は、デジタルワーカーの生産性を高め、投資対効果を最大化するために、AIによりデジタルワーカーのワークロードを自動的に調整する機能です。SLA要件、リアルタイムでの業務量の変動、IT環境の状況に応じて、IADAはデジタルワーカーのパフォーマンスを最適化します。


HFS Researchの上級副社長であるエレーナ・クリストファー氏は次のように述べています。「今回のリリースは、業界が待ち望んでいたアップデートです。Blue Prismは、Thoughtonomyの買収で最も強力な技術要素を本質的に取り入れ、新しく統合された製品としてパッケージ化しました。これらの製品は、”ダッシュボード機能と分析機能の強化及びAI機能の強化が最も顧客が求めているものである”とした、RPAの260名のパワーユーザーを対象としたHFSの最新のレポート内容と一致しています。また、Blue Prismの“Unattended RPA”領域での強さを考えると、これらのソリューションが“Attended RPA”領域もサポートすることは注目に値します」

※当製品についての日本市場における本格的な展開については別途アナウンス予定です。 また、当報道資料は、2020年1月15日(現地時間)に、英国ロンドン/米国テキサス州オースティンにおいて発表されたプレスリリースの抄訳です。原文と本抄訳の差異に関しては、原文が優先いたします。予めご了承下さい。

###
Blue Prismについて
新規参入企業が市場を変革させることも珍しくないこのデジタル時代に生き残り、成功できるのは、状況に応じて的確かつ迅速に対応し、革新を進める企業だけです。ロボティックプロセスオートメーション(RPA)を世界に先駆けて開発してきたBlue Prismは、信頼できる安全なインテリジェントオートメーションとしてフォーチュン500に名を連ねる企業や公共機関に採用されてきました。そして今、Blue Prismは、企業のデジタルイノベーターが更なるイノベーションの力を得られるようDigital Exchange(DX)アプリストアがサポートするconnected-RPA(コネクテッドRPA)を提供します。

Blue Prismのconnected-RPAはミッションクリティカルな業務の自動化を可能にし、従業員をよりクリエイティブで意義のある仕事に専念できるようにします。現在、1,500社を超える企業のお客様がBlue Prismのデジタルワークフォースを、クラウドまたはオンプレミス、さらにはBlue Prismが提供するThoughtonomy SaaSで活用しており、その結果、数億もの時間をビジネスに還元しつつ、何十億もの処理の自動化が実現されています。

Blue Prism(AIM:PRSM)の詳細は、www.blueprism.com/japanをご覧ください。また、Twitter Blue_Prism_JPやLinkedInでBlue Prismをフォローしてください。

###

【報道関係者お問い合わせ先】
Blue Prism株式会社 マーケティング 内田
TEL:03-5404-3836 E-mail: osamu.uchia@blueprism.com


(C) 2019 Blue Prism Limited.“Blue Prism”, “Thoughtonomy”, the “Blue Prism” logo and Prism device are either trademarks or registered trademarks of Blue Prism Limited and its affiliates. All Rights Reserved.

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]