編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

2020年、チャットボットを見直しませんか?チャットボット活用の課題と改善策が見つかる「セルフチェックシート」無料配布、モビルス「セーブ・ザ・チャットボット」キャンペーン開始

モビルス株式会社

From: PR TIMES

2020-02-26 11:35

チャットボット売上シェア2年連続No.1※のモビルス株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役社長:石井智宏、以下モビルス)は、チャットボットを導入したもののうまく成果が出ない悩みを解決することを目的に、「SAVE THE CHATBOT (セーブ・ザ・チャットボット)」キャンペーンをこの度開始しました。チャットボット導入や運用にあたり、必要な要素が欠けていないか、現状の課題と改善策を簡易診断可能な「セルフチェックシート」を、特設ページにて無料配布します。



▼「セーブ・ザ・チャットボット」キャンペーンサイト
(リンク »)
[画像1: (リンク ») ]

▼「セーブ・ザ・チャットボット」キャンペーン概要

1)チャットボットを取り巻く環境
顧客サポート現場でも身近になったチャットボットですが、成果が出ていないという声も聞こえてきます。
[画像2: (リンク ») ]

チャットボットを導入したものの、うまくいかず諦める方がいる一方で、大きな成果を上げている事例も多くあります。例えば、「オペレーター15人分のFAQ(よくある質問)回答を担っているチャットボット」「従来の郵送手続きの30%をLINEで自動受付するチャットボット」「顧客増でも10%の入電数削減に成功したチャットボット」などです。「セーブ・ザ・チャットボット」キャンペーンサイトでは、チャットボットの成功事例を紹介しています。

・人手不足の深刻化を救うチャットボット

顧客サポートの現場では、人手不足が深刻でオペレーターの採用が難しくなっています。今後も、ますます事態が深刻化していくことは明らかです。チャットボットは顧客の自己解決率の向上、業務の効率化につながり、これからのサポート業務に欠かせない存在といえます。

2)チャットボット セルフチェックシート

「セーブ・ザ・チャットボット」キャンペーンサイトから無料ダウンロードできます。「基本の理解」「目的・評価」「トラフィック」「顧客体験」「品質管理」の5項目25個の質問に答えることで、チャットボットの導入や運用にあたり、大切な要素が欠けていないか、簡易診断が可能です。
チェックシートには、課題ごとに改善のためのポイント解説が付いています。
(リンク »)

[画像3: (リンク ») ]



※ITR「ITR Market View:ビジネスチャット市場2018/2019」より

▼モビルス株式会社について
モビルスは、人々のコミュニケーションを楽しく、豊かにするソリューションを開発するCommunication Tech Companyです。AIチャットボット(自動応答)と有人応答によるシームレスなチャットサポートを実現する「モビエージェント( (リンク ») )」をはじめとして、AIとモバイルテクノロジーを活用したソリューション開発を得意としています。

所在地 : 東京都品川区西五反田3-11-6 サンウエスト山手ビル5F
会社名 : モビルス株式会社
代 表 : 石井 智宏
設立日 : 2011年9月
事 業 : 人工知能とモバイル技術を活用した、コミュニケーションとIoTソリューションの開発
ウェブ : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]