学習活動端末支援Webシステム「SKYMENU Cloud」を6月に発売

Sky株式会社

2020-04-10 15:55

Sky株式会社は、政府の「クラウド・バイ・デフォルト原則」に沿った学習活動端末支援Webシステム「SKYMENU Cloud」(スカイメニュークラウド)を開発、6月に発売する予定です。
クラウド環境でご利用いただけるSKYMENU

児童生徒1人ひとりが、それぞれ異なる情報端末を学習活動に利用する時代。「主体的・対話的で深い学び」を踏まえながら、いつでもどこでも、先生と児童生徒が学びに向き合える環境が整えられつつあります。「SKYMENU Cloud」は、Windows PC、Chromebook™、iPadに搭載されたブラウザで動作し、情報端末の種類を問わず活用できます。

<「SKYMENU Cloud」の特長>
各端末に搭載されているブラウザに対応
○ Windows PC
 ・Microsoft Edge(Chromium™)
 ・Google Chrome™
○ Chromebook™
 ・Google Chrome™
○ iPad
 ・Safari

「SKYMENU Cloud」3つのメリット
○ Point 1
学校や教育センターへのサーバの設置が不要
○ Point 2
ソフトウェアのインストールが不要
○ Point 3
従来の「SKYMENU」と同様の操作性


<「SKYMENU Cloud」搭載機能>
2020年6月時点でリリースする予定の機能です。搭載機能は今後随時追加する予定です。
○ マイページ
 ・授業の開始 / 終了
 ・一覧表示
 ・ロック
 ・教材・作品
 ・教材リンク
○ カメラ活用
 ・静止画・動画撮影
 ・QRコードの読み取り
○ 電子連絡板
○ 発表ノート
 ・配付
 ・提出
 ・回収
 ・グループワーク
○ シンプルプレゼン
○ ポジショニング

※「SKYMENU Cloud」は、ブラウザ上での動作を前提としているため、「SKYMENU Pro」および「SKYMENU Class」とは搭載機能が異なります。また、同一名称の機能であっても一部仕様が異なる場合があります。


<販売体制>
全国の文教関係のメーカーおよび販売代理店を通して、主に小学校、中学校、高等学校、大学などを対象に販売いたします。

<価格>
オープン価格  ※詳細はお問い合わせください。

<商品詳細>
「SKYMENU Cloud」の機能・動作環境など、詳細は下記Webページをご覧ください。
<「SKYMENU Cloud ご紹介」特設Webページ(SKYMENU Pro Webサイト内)>
(リンク »)

<お問い合わせ>
※下記Webサイトよりお問い合わせください。
<「SKYMENU Cloud ご紹介」特設Webページ(SKYMENU Pro Webサイト内)>
(リンク »)
(ページ下部のお問い合わせボタンをクリックしてください)

・SKYMENU、SKYMENU Class および SKYMENU Pro は、Sky株式会社の登録商標または商標です。
・Windows および Microsoft Edge は、Microsoft Corporationの登録商標または商標です。
・Chromebook™、Chromium™ および Google Chrome™ は、Google LLCの登録商標または商標です。
・iPad および Safari は、Apple Inc.の登録商標または商標です。
・QRコード は、株式会社デンソーウェーブの登録商標または商標です。
・その他記載されている会社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。
・本文中に記載されている事項の一部または全部を改変することは、いかなる理由、形態を問わず禁じます。

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

Sky株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]