ルネサス エレクトロニクス社製Synergyマイコンシリーズ対応IoT機器組み込みCANopenスタックの販売開始

ルネサス エレクトロニクス社製Synergyマイコンシリーズ対応IoT機器組み込みCANopenスタックの販売開始

ポジティブワン株式会社

2020-04-14 14:00

ルネサス エレクトロニクス社製Synergyマイコンシリーズ対応IoT機器組み込みCANopenスタックの販売開始
2020年4月14日、ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、ルネサス エレクトロニクス社製Synergyマイコンシリーズ対応IoT機器組み込みCANopenスタックの販売をいたします。

CANopenスタックをAvnet Silica社Visible Things IoT産業キットに移植しました。これは、すぐに使用できる完全に統合されたIoTプラットフォームを提供します。Avnet SilicaのVisible Things IoTキットのユーザー専用に、CANopenライブラリが実装されました。

Avnet Silica社Visible Things産業用スターターキットは、Renesas Synergyプラットフォームに基づくターンキーソリューションを提供します。これにより、APIレベルで設計を開始でき、卓越した接続タスクを処理できるように装備されています。Avnet Silica社の完全な評価およびリファレンスプラットフォームであるVisible Thingsを使用して、IoTソリューションを簡素化および保護します。スマートデバイスをクラウドやエンタープライズソフトウェアに直接接続し、増え続けるセンサー、接続、ゲートウェイ、セキュリティテクノロジーをサポートします。

現在実装されているCANopenソリューションと、利用可能なCANopenライブラリの機能セットは、CiA 401(I/Oデバイス)に従ってCANopen-Slaveを実装するために準備されています。無料で時間制限のあるCANopenライブラリには、CiA 301準拠のオブジェクトディクショナリがあり、NMTスレーブ機能が含まれています。デフォルトでは、1つのTPDO、1つのRPDO、Heartbeat-Producer、および自己起動とNMT起動のリモートノードサービスがサポートされています。PDO構成、ノードID、およびボーレートは、ユーザーレベルで構成および変更できます。

独自のCANopen固有のアプリケーションを実装する必要があるユーザー向けに、実績のある「CANopenマスターおよびスレーブソースコードCiA 301」と「CANopen ManagerソースコードCiA 302」を提供します。 Synergyプラットフォームおよびそれに基づくターゲットプラットフォームです。

Visible Thingsは、エンタープライズIoTテクノロジーへのセキュアエッジの複雑さを簡素化します。スマートデバイスをクラウドおよびエンタープライズソフトウェアに直接接続するための完全な評価および参照プラットフォームを提供します。Avnetは、クラウド、分析、モバイル、エンタープライズ統合サービスとともに、増え続けるセンサー、接続、ゲートウェイ、セキュリティテクノロジーをサポートしています。私たちは定期的に新機能を追加し、アップデートを提供し、Visible Thingsプラットフォームでトレーニングを提供します。

Visible Thingsは、必要な機能に応じて利用できるさまざまなボードの形で提供されます。IoTテクノロジーの性質上、これらのボードが提供する機能は、できる限りエンドツーエンドで事前統合およびテストする必要があります。Visible Thingsのこの基本原則により、ユーザーはアプリケーションに集中して、目的のIoTビジネスの成果を実現できます。

◆ 主な特徴
・ ネットワークセキュリティの上にセンサーからサーバーへのセキュリティレイヤ
・ 最終用途の迅速な評価
・ 最高の柔軟性
・ 開発時間を大幅に短縮-時間の節約
・ 最適化された消費電力
・ EdgeからEnterpriseへの統合およびテスト済み通信パス
・ クラウド対応

◆ ターゲットアプリケーションの例
・ 遠隔モニタリング
・ モーターとドライブの予知保全
・ 家や建物の部屋の管理
・ 照明とシェーディング(屋内と屋外)
・ セキュリティと監視
・ 家電
・ スマートエネルギー(計測および家庭用ディスプレイ)
・ ヘルスケアとインフラ
・ 産業オートメーション、検査、ドライブ監視、センサーハブ

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
東京本社 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
関西本社 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL (リンク »)

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウェアや世界標準ISO等に準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、IoT端末、エッジコンピュータ、サーバーを含んだハードウェアからソフトウェアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]