編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

インフォマティカ、「Cloud Data Quality」ソリューションをインテリジェントな自動化により拡張し、 データ品質の民主化を実現

企業がクラウドの取り組みによってデータの価値とROIを最大化できるよう支援

インフォマティカ・ジャパン株式会社

2020-05-21 11:00

インフォマティカ(本社:米国カリフォルニア州レッドウッドシティ)は、「Cloud Data Quality」ソリューションの拡張を発表しました。本ソリューションは業界初にして唯一、マイクロサービスアーキテクチャを基盤としたマルチテナントのクラウドデータ品質ソリューションです。そして、Integration Platform as a Service(iPaaS)である「Intelligent Cloud Services」と統合されています。今回のアップデートには、インフォマティカのAIエンジン「CLAIRE™(注1)」を活用したインテリジェントなデータプロファイリングと自動化をはじめ、データ解析や重複排除の強化が含まれています。
インフォマティカ(本社:米国カリフォルニア州レッドウッドシティ)は本日、「Cloud Data Quality」ソリューションの拡張を発表しました。本ソリューションは業界初にして唯一、マイクロサービスアーキテクチャを基盤としたマルチテナントのクラウドデータ品質ソリューションです。そして、Integration Platform as a Service(iPaaS)である「Intelligent Cloud Services」と統合されています。今回のアップデートには、インフォマティカのAIエンジン「CLAIRE™(注1)」を活用したインテリジェントなデータプロファイリングと自動化をはじめ、データ解析や重複排除の強化が含まれています。

クラウドコンピューティングの採用が急激に加速する中、ワークロードをクラウドに移行している企業にとって、データ品質は最大の懸念事項です。データ品質が向上することにより、データの価値が高まり、クラウドへの移行とクラウドデータウェアハウスのモダナイゼーションが迅速になります。また、SaaSアプリケーションのユーザー導入が改善することで、リスクや事業中断の可能性を軽減することができます。しかしながら、IDCが行った調査 によると、企業の60%はデータ品質に関する課題を抱えています(注2)。

このような課題に対応するため、「Cloud Data Quality」ソリューションは、一貫性のあるプロセスと方法論を利用して、データプロファイリングの自動化と拡張、セルフサービスの強化、ハイブリッド環境におけるソース間での一元的なルール管理、データ品質に関する継続的なインサイトを提供します。

これにより、企業はデータ品質の民主化を実現することができます。クラウドアプリケーションの導入を成功させ、アナリティクスから信頼性のあるインサイトを得る上で、極めて重要です。

また、データ品質が向上することで、企業はクラウドデータウェアハウスの生産性と価値を高めることができます。そして、データクレンジングの簡素化や、高品質なデータパイプラインの構築を実現することが可能となります。データの検証、クレンジング、解析、標準化、重複排除に対して実績のある手法を導入することは、クラウドデータウェアハウスからインサイトを引き出す上で重要になります。

今回強化された「Cloud Data Quality」ソリューションの主な特長と機能は下記のとおりです。
• データプロファイリング:「CLAIRE®」が提供するインテリジェンスにより、クラウドアプリケーションのデータソースに基づいて、データ品質ルールを自動的に割り当てます。また、標準のテンプレートでデータをプロファイリングし、データの構造とコンテキストを確認します。さらに、ドリルダウンして詳細を表示し、結果にフィルターをかけ、プロファイルの実行を比較して時間の経過に伴うトレンドを特定します。
• ビジネスルールの定義:ビジネス部門がデータ品質の取り組みを主導できるよう支援するとともに、プロジェクトサイクルを短縮することでIT部門が戦略的なプロジェクトに専念できるようにします。
• 再利用可能なルールの一元管理:データガバナンスを支援するため、企業全体で一貫したデータ品質ルールを適用します。一元管理されたデータ品質ルールを再利用することにより、コストを削減し、データ品質に関する問題解決を効率的に行います。
• 管理と監視:データ品質とデータガバナンスの取り組みを連携させることで継続的にインサイトを提供し、時間の経過に伴うデータ品質の向上を追跡します。

インフォマティカの「Cloud Data Quality」ソリューションは、豊富な実績と強固なオンプレミスのデータ品質を基盤としており、すでにクラウド上で1カ月に1億回以上のデータ検証を処理しています。

同ソリューションは、モジュール式、かつAPI主導型で、AIを利用したiPaaSを基盤としており、追加のコーディングや開発を必要とせずに、データ品質の問題を素早く特定して解決します。企業は、業界で最もセキュアで信頼性の高いエンタープライズiPaaSを活用することにより、インフラ追加投資ではなく、優れた運用性に重点を置くことができます。

(注1)インテリジェントなデータプラットフォームの人工知能
(注2)出典:IDC, End-User Survey Results: Deployment and Data Intelligence in 2019, #US45652419, Nov 2019


インフォマティカについて
インフォマティカは、エンタープライズクラウドデータ管理をリードする唯一の企業であり、データ主導型のデジタルトランスフォーメーションを推進しています。企業のイノベーションを加速し、俊敏性の向上や新たな成長機会の獲得によって、インテリジェントな破壊的イノベーションを支援しています。また、インフォマティカは企業のデータの力を25年以上にわたり引き出し、世界で9,000社以上の企業がそのソリューションを利用しています。
インフォマティカに関する詳細は、インフォマティカ・ジャパン株式会社(代表:03-6403-7600)までお問い合わせいただくか、Webサイトwww.informatica.com/jp/ をご覧ください。
インフォマティカ公式ソーシャルメディア:Twitter, Facebook, ブログ

###

本リリースは米国インフォマティカ本社が2020年5月5日(現地時間)に発表したプレスリリースの抄訳です。
InformaticaとCLAIREは、米国とその他の国におけるインフォマティカの登録商標です。 その他全ての企業名および製品名は、各社が所有する商号または商標です。

本プレスリリースに記載されている全ての情報は2020年5月5日時点のものに基づいており、インフォマティカは新しい情報や今後発生する出来事に基づいて本プレスリリースに記載した将来の見通しに関する記述を更新したり改訂したりする意図はなく、またその責任を有しません。さらに、説明されている製品または機能の開発、リリース、時期は、インフォマティカが独自に決定するもので、購入の判断基準にはなりません。また、将来、特定の製品や機能を提供することの表明や保証、約束をするものではありません。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

インフォマティカ・ジャパン株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]