編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

キューアンドエーワークス株式会社、「ワークスアイディ株式会社」へ 商号変更のお知らせ

ワークスアイディ株式会社

From: 共同通信PRワイヤー

2020-07-01 13:00

商号とロゴを一新し「ワークスアイディ株式会社(Works ID Co.,Ltd.)」として、新たなる“活動”を開始!

2020年7月1日
ワークスアイディ株式会社 (リンク »)

キューアンドエーワークス株式会社、「ワークスアイディ株式会社」へ商号変更のお知らせ


DX事業やRPA導入支援事業、ITソリューション事業、人材事業を展開するキューアンドエーワークス株式会社(代表取締役社長:池邉竜一、本社:東京都渋谷区)は、2020年7月1日(水)に、商号を「ワークスアイディ株式会社」へ変更いたします。

【商号変更の目的・経緯】
1999年の創業時から、「人」の持つ可能性を最大限に引き出すことを社会的使命として、お客様、社員と共に一貫して「働くをデザインする」サービスを提供してきました。
しかし、今日の急激な社会情勢の変化を肯定的にとらえていくためには、人類すべての叡智が結集されて、積極的な最先端技術を取り入れる新しい時代(テクノロジーとの共創)を迎え入れる他ありません。
そこで我々は、新しい時代の新しい働き方を見据え、未知なる未来を乗り越えていく智慧(アイディア)を創造し続けていくことを新たな存在意義であると掲げ、ここに商号とロゴを一新し「ワークスアイディ株式会社(Works ID Co.,Ltd.)」として、新たなる“活動”を開始いたします。

【画像: (リンク ») 】
 
【商号、ロゴの由来】
「Works ID」に込められているのは、企業理念である「『働く』をデザインするアイディアを通じて、人と企業の双方の満足に貢献します」を象徴する「I design=働くをデザインする、identity=自我、Idea=アイディア」です。
「ID」を囲う赤枠のデザインは、「IT×DX=ID」により、お客様のビジネスを進化させるためのアイディアがたくさん詰まっていることを表現しております。

<「IT×DX=ID」とは>
・AIやITなどデジタルテクノロジーを活用した「新しい価値」の創造
・「人」の持つ無限の創造力
・可視化(Task Visualization)×RPA×Data Science
・全てを掛け合わせた当社独自のDX(デジタルトランスフォーメーション)

 
【商号変更の概要】
新商号: ワークスアイディ株式会社
英文表記: Works ID Co.,Ltd.
変更日: 2020年7月1日(水)
本社: 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー23F(現行どおり)
代表: 代表取締役社長  池邉 竜一(現行どおり)
URL: (リンク »)
事業内容: DX事業、ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation[RPA])導入支援事業ならびに、データサイエンス、人材派遣・技術者派遣、BPO・アウトソーシング、さらにRPAの諸スキルを持ちえたヒューマンリソースとAI・ロボットを組み合わせたハイブリッド派遣など、企業ニーズに合わせた幅広いサービスを事業展開する。2015年4月に第1期“優良派遣事業者”に認定される。

 



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]