編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

無線LANを簡単構築!移動しながら通信できるローミングレスサービスエリアを自動構築する機能を実現

アライドテレシスホールディングス株式会社

From: Digital PR Platform

2020-08-07 18:00


アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、無線LANアクセスポイント AT-TQ1402(*1)のファームウェアをバージョンアップし、最新バージョン「Ver.6.0.1-3.1」のダウンロード提供を8月7日より開始いたします。
(リンク »)

■AWC-SCL(スマートクラスター)
AWC-SCL(スマートクラスター)は、無線LANコントローラーを使用せず、最大5台のアクセスポイント間で情報を同期させ、同一チャンネルで提供される無線LANサービスエリアを構築する機能です。移動しながらでも安定した通信ができる快適な無線LAN通信環境を簡単に構築することができます。

本機能をご利用いただく場合、外部のコントローラーや追加ライセンスは不要であり、AT-TQ1402の標準機能としてご利用いただけます。少人数で使われるサテライトオフィスや小売・飲食店など、小規模で導入予算を抑えたいご要望にお応えできる、新しい無線LANソリューションです。

シングルチャンネルの設定は、前回のファームウェアで対応した簡単設定画面から「シングルチャンネルモード」を選ぶだけで簡単に設定することができます(*2)。
<参考URL: (リンク ») >

【シングルチャンネルモードの設定方法】
(リンク »)

【シングルチャンネルモードの接続イメージ】
(リンク »)

追加・拡張したその他の機能や詳細につきましては、各製品の「ファームウェア(ファームウェア改版履歴)」をご覧ください。
(リンク »)

<バージョンアップ対象無線LANアクセスポイント製品>販売中
・AT-TQ1402
(リンク »)

当社では、今後も簡単で快適な無線LAN環境の実現に向け、AWC-ACLの機能拡張/強化を推進していきます。

(*1) AT-TQ1402:IEEE 802.11ac(Wave2)および従来規格のIEEE 802.11a/b/g/nに対応し、2.4GHz帯と5GHz帯の同時使用が可能な2ラジオを搭載した小型ハイパフォーマンスの無線LANアクセスポイントです
(*2) シングルチャンネルモードご利用時は構築するアクセスポイントがすべて同一ファームウェア(Ver.6.0.1-3.1以降)である必要があります。また、各アクセスポイントに個別でシングルチャンネルモードを設定する必要があります。 なお、シングルチャンネルモードは5GHz帯のみのサポートとなります。

---------------------------------------------------------------------
<<製品に関するお問合せ先>>
TEL:info@allied-telesis.co.jp
URL: (リンク »)
---------------------------------------------------------------------
<< ニュースリリースに対するお問合せ先>>
アライドテレシス株式会社 マーケティングコミュニケーション部
E-mail: pr_mktg@allied-telesis.co.jp
TEL:03-5437-6042 URL: (リンク »)
アライドテレシス株式会社 東京都品川区西五反田7-21-11第2TOCビル
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]